外食産業の市場規模は、1997年をピークに、2012年まで減り続けていました。
(農中総研 調査と情報 2015.5より参照)
高齢者が増えるにつれ、さらに外食産業の市場規模は減少すると言われています。このような背景もありますが、飲食店が減少しているのは、お客さんが少なくなったということの他、経営の難しさや後を継ぐ経営者がいない、といったことも要因です。

続きを読む