ミニストップのビジネスモデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

国内大手の小売企業、イオングループの一員であるミニストップの経営戦略や社会貢献活動についてみていきましょう。

1.ミニストップのビジネスモデル

ミニストップは、他のコンビニチェーンとは違う戦略で存在感を示しています。ここでは、ミニストップの特長となる3つの強みと社会貢献活動の内容をまとめてみました。

1-1.ミニストップの強み

まず1つ目は、イオンのグループ企業であることです。イオンは国内最大の小売企業で、知名度が抜群です。ブランド力があり、グループの規模が大きいので、共同調達や共同開発をすることで、価値ある商品を提供できるようになっています。
2つ目は、多彩な商品展開です。
ミニストップは、コンビニとファーストフード店を合わせたようなスタイルの店舗になっています。店内に本格的な厨房を持ち、店内加工をして提供するファーストフードや惣菜が充実していて、他のコンビニチェーンとは一線を画す強みとなっていると言えるでしょう。
3つ目は、加盟店運営のサポートにおいて、独自の教育システムをもっていることです。フランチャイズ本部のトレーナーが責任を持って指導にあたります。人材育成とともに売場作りまで、本部がサポートします。初めて経営を行うオーナーにとっては、とても心強いことでしょう。

1-2.社会・環境への取り組み

ミニストップは地域に根付く企業として、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。実施している社会・環境への取り組みをご紹介しましょう。
・「公益財団法人 花と緑の農芸財団」が主催している花の輪運動に協賛しています。ソフトクリームの売上の一部を使い、抽選で小学校に花や木の苗を贈呈する活動を行っています。

・チャイルドインターンシップ制度という、受け入れた小学生と中学生に、現場での体験学習も実施しています。これらの制度を通じて、子どもたちに働くことについて考えてもらう機会を提供し、進路選択を考える材料として、少しでも役に立ちたいと願ってとのことです。

・地球温暖化防止や生物多様性の保全を目的として、環境に配慮した店舗の建設に取り組んでいます。適正に管理された森林から採った木材であるFSC®認証木材を活用した店舗を2009年より出店するなど、店舗建設段階での環境配慮も進めています。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2019年6月10日

SNSで共有する