ローソンの店長の役割とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランチャイズに興味がある人やフランチャイズに加盟してコンビニの経営を検討している人は、店舗運営に必要不可欠な「店長」についてよく知っておく必要があります。オーナーと店長の違いや店長の役割・仕事内容などを、大手コンビニチェーンであるローソンを例にご紹介します。

1.オーナーと店長の違い

簡単に説明すると、オーナーは「経営者」、店長は「店舗責任者」です。
フランチャイズに加盟してコンビニを経営しているオーナーは1店舗のみの運営もしくは複数店舗を経営する2パターンあります。1店舗のみの運営の場合は、オーナー(経営者)が店長を兼任する場合が多く、店舗運営をしながら経営を行います。複数店舗運営する場合は、店舗ごとに店長を雇う必要があります。

2.ローソンの店長になるには

オーナーと店長の違いを紹介しましたが、実際に店長になりたいと思っている方はフランチャイズに加盟しコンビニを開業して、オーナー店長としてコンビに経営するのが近道でしょう。

-関連記事-
ローソンのオーナーになるために

3.ローソンの店長の役割とは

ローソンの店長になった場合、どのような仕事をしていくのでしょうか。近い将来、フランチャイズ契約をしてオーナー店長になったときに備えて今からコンビニ経営の裏側を学んでおきましょう。

接客

接客するのは当たり前と思うかもしれませんが、店舗経営において一番重要なポイントです。店長の接客が店舗スタッフの見本となるよう、率先して丁寧でスムーズな接客を心がけることが大切です。自らお客様の接客をすることで、売上の向上や改善のヒントもつかめるかもしれません。

発注

コンビニの店舗運営において店長の実力が試される業務のひとつが発注業務です。商品の発注業務は店舗の売上と在庫から商品の売れ行きを予想して、早めに、そして的確な商品を的確な量で発注をしなければなりません。売上を上げるためには地域性や客層、時間帯、天候、気温などの条件も併せて考えます。

売場管理

売場の管理も店長の大切な仕事です。商品の袋のシワを丁寧に伸ばして見栄えを良くしたり、商品をきれいに陳列したりなど、お客さんが商品を選びやすく、手に取りやすい状態を維持します。
季節や天気、気温の変化などで売上が左右される商品もありますので、事前にそれらの情報を収集し、最も販売数が伸びる売場を作る必要があります。例えば、そろそろ暑くなりそうだと予想したら、飲料とゼリーを手早くスポットコーナーに陳列するのです。また、店内は常に清潔に保ち、お客さんが快適に買い物できるようにすることも重要なポイントです。

スタッフの教育と採用

店長は新人スタッフの教育を行うこともあります。
接客の基本はもちろん、レジ操作や在庫管理など、店内の業務を隅々まで指導していきます。店舗経営にとって人材育成は最重要課題のひとつです。そのため、ローソンではフランチャイズ加盟店のオーナーや専従者、スタッフを対象にさまざまな研修が行われています。

また、ローソンにはリクルート支援があり、ローソンの採用サイトに求人を出すことができ人材確保を支援してくれます。スタッフのスキルをアップさせる「ランクアップ制度」や「リーダークルー制度」があり、スタッフのモチベーションを高める制度も充実しています。スタッフのコミュニケーションを活性化させるためのクルー向けのモバイルサイト「LAWSON CHANNEL(ローソンチャンネル)」も用意されています。

店舗の規模や売上にもよりますが、スタッフはだいたい15~20名程いる場合が多く、スタッフを育成して仕事を任せられるようになることで、オーナー自身が定期的に休みを取れるようになります。

売上管理

店長は店舗に出勤したら、まず前日の販売データをチェックします。そこから販売予測をシミュレーションをして売上向上を目指します。販売データを基に今後の経営目標を定めて、どのように実行するのか計画を立てていきます。その際、クルー全員で適宜ミーティングを行い、互いの意思疎通や適切な役割分担の確認を行います。このミーティングを行うことによって、経営の円滑化を図り利益の向上につなげていきます。

コンビニ経営がはじめての方でもサポートが充実しているので問題ありません。ローソンでは店舗経営ノウハウに通じたスーパーバイザー(SV)を本部から派遣しています。SVと共に売上状況を定期的に確認することで問題点の早期解決に務めることができるのです。ローソンのフランチャイズシステムは、加盟店と本部が対等なパートナーとして、ともに成長を目指す「共同事業」システムと言われています。加盟店と本部はそれぞれの役割に基づき、互いに連携しながら事業を行っています。

ローソンのフランチャイズシステムは、初めての経営でも心強いサポートがあるので、安心してチャレンジすることができるのです。

4.まとめ

オーナー・店長には様々な業務内容があり、全てが容易なものばかりではありません。未経験であればなおさら不安を感じるかと思いますが、ローソンでは未経験であってもコンビニ経営ができる充実した制度があります。「FCオーナー・インターン制度」や「ローソンキャリア独立制度」は契約社員として給料をもらいながら店舗運営の経験ができ、知識やノウハウを得た上でオーナー店長になることができます。コンビニ店長に興味があるならば、まずはローソンやコンビニ本部の説明会に参加し計画することから始めましょう。

ローソンの説明会情報はこちら

経験を積んでから開業したい方におすすめ「FCオーナー・インターン制度」の説明会情報はこちら

1人でも開業したい方におすすめ「ローソンキャリア独立制度」の説明会はこちら

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年8月27日

SNSで共有する