コンビニフランチャイズの開業までの流れとポイント


コンビニのフランチャイズで開業を検討している方の中には、まずはどのような流れで開業すれば良いのか分からないという方もいることでしょう。
ここでは、説明会から始まり開業に至るまでの流れとポイントをご紹介します。

1.コンビニフランチャイズの独立開業までの流れ

コンビニフランチャイズの独立開業の流れはどのようになっているのでしょうか。

1-1.説明会の参加

すぐにでもコンビニの経営を始めたいという方は、まず説明会に参加をすることから始めましょう。
説明会では本部の雰囲気や、実際の開業のイメージを把握することができるだけでなく、開業までの手続きや運営に関して分からないことをその場で質問することも可能です。
特に開業資金の詳細や具体的な契約内容などは、説明会や個別面談などに参加をしなければ分からない点も多くあるため、コンビニで開業を検討している方であれば、説明会へ参加することで疑問が解消されることでしょう。

1-2.説明会では何をするのか?

説明会では、主にフランチャイズの仕組みがどのようになっているのかの説明や、本部の売上をはじめとする本部詳細などの説明を受けることができます。
また、個別に理解を深めたいと言う方には、個別面談を行っている本部も多く存在します。
合同説明会だけでは把握しきれなかった疑問や、質問できなかったことをここで質問できるため、納得がいくまで足を運ぶようにしましょう。

2.研修~開業前のサポート

フランチャイズ契約を結んだら、その後は開業前研修を受けることになります。
実際にどのような研修を行うのかを確認していきましょう。

2-1.研修の期間は?

研修の期間は各本部によって異なりますが、約一ヶ月程度が一般的です。

2-2.研修で行うことは?

研修内容もまた、各本部によって違いがあります。ただ、本部で店舗経営に関する知識習得の研修を受け、その後は実店舗で研修を受け、理解した知識を実践する、という内容は、多くの本部で採用されています。
特に、実店舗での研修は、お客さんやアルバイトスタッフとコミュニケーションを取りながら業務に取り組み、店舗運営を行うことが求められます。
中でもお客さんからのクレームや店内で発生するトラブルにはどのように対応すべきか、アルバイトスタッフにどのように接したらいいのかなど、学べることは多いでしょう。
研修終了後は、研修で学んだ知識や経験を存分に活かして経営をしていくことになります。


by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年7月6日

SNSで共有する

TOP
×
menu