コンビニ経営で独立したい!成功するポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出店ペースが止まらないコンビニ業界。出店数が増えるということは、それだけフランチャイズオーナーの希望者がいるとも考えられます。そんな人気のコンビニ経営で独立して成功する秘訣とはどのようなものなのでしょうか?

1.コンビニの独立開業・成功するポイントとは?

コンビニでアルバイト経験があっても、オーナーとして店舗を繁盛させるのは勝手が違います。売上や経営管理から発注や教育まで、コンビニを成功させる秘訣を紹介します。

1-1.組織作りを大切にしよう

オーナーひとりで24時間働き続けることはできません。一緒に独立するパートナーやアルバイトと連携して、初めて店舗運営が可能になります。チームワークを大切にしながら従業員同士の絆を深めていくことで、地域のお客様に慕われる店舗へと成長するでしょう。
そのためには、朝礼や夕礼などでお客さんの声やお店作りの改善点、地域のイベント情報などを共有しあい、時にはアルバイトスタッフからの意見を吸い上げるなど、日常的に従業員とコミュニケーションを図ることが大切です。

1-2.売上を上げる工夫をしよう

コンビニの売場のレイアウトは、各社フランチャイズ本部が行動心理学を基に計算した商品配置がされています。初めてのオーナーでも売り場の陳列から悩む心配はありません。しかし、ちょっとした工夫で更なる売り上げアップが見込めます。
例えばコンビニには常時2,000~3,000種類の商品が陳列されています。惣菜パンだけでも沢山の種類があり、お客さんは何を買おうか迷ってしまいます。その際に手作りのPOPやポスターを用意することで、商品選択のお手伝いが可能になります。
更には、今では定番となったコンビニコーヒーの注文を受けたら、「ご一緒にドーナツはいかがですか?」という関連商品の声かけを行うことでも、ついで買いを促すチャンスになります。

1-3.廃棄ロスを抑え利益を上げよう

コンビニで独立を成功させるには、売上を上げるだけでなく利益を出すことがより重要になります。利益を考える際に忘れてはいけないのが廃棄ロスです。
賞味期限が切れた飲食物は廃棄ロスとして経費計算しなければいけないので、廃棄が多いほど利益が損なわれてしまいます。
廃棄ロスを出さないためには、単に仕入れの数量を減らせばよいということではありません。並んでいる商品が少なければ、お客さんの満足度は下がり、ライバルのコンビニ店に移ってしまう可能性も高くなります。
気温や天候を考えて仕入れをしたり、お客さんがどのような商品を求めているか随時リサーチをしたりしながら仕入れることが大切です。

1-4.収益性の高い商品を売ることに着目しよう

廃棄ロスを減らすことと同様に、収益性が高い商品を売り続けることに目を向けるのも大切です。
収益性が高い商品の代表的なものと言えば、プライベートブランド商品(PB商品)です。ローソンなどの大手コンビニでは、商品開発力が高く多数のPB商品が用意されており、今後もますますPB商品数が増えていくと言われています。
そのため、大手のコンビニ経営は売上増・利益増が期待できますし、独立する際の安心材料になるでしょう。

プライベートブランドの充実!ローソンのフランチャイズについて詳細はコチラ
<ローソン FC加盟店募集サイト>

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する