大注目のコンビニ宅配サービスをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大手コンビニでは様々な便利なサービスを行っています。今回は便利なサービスの中でも特に多くの利用者がいる宅配サービスについてご紹介します。

1.コンビニの宅配サービスについて

大手コンビニが提供する宅配サービスについて、ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート、3つのコンビニそれぞれの特長を詳しくご紹介します。

1-1.佐川急便と提携するローソンの宅配サービス

ローソンでは2015年7月から、佐川急便株式会社と提携を結んだ新しい宅配サービスを始めました。
サービスの内容は、通販サイトなどで商品を購入した際に、全国の各ローソン店舗にてその商品を受け取ることができるというものです。
この「コンビニ受取サービス」は2015年6月末時点でローソンの11,213店舗が加盟していますが、今後加盟店舗はますます増えていくことでしょう。
※ローソン公式サイトIR情報参照。

留守が多く荷物を受け取る時間がない人、仕事帰りに荷物を受け取りたい人、深夜しか荷物を受け取ることができない人などにとって、ローソンで24時間365日好きな時間に荷物を受け取ることができる点は非常に魅力的です。

さらに、ローソンと佐川急便が出資して始まった、主に高齢者向けの御用聞きサービスも開始されています。
こちらは現在、首都圏がメインのサービスになっていて、ローソンの各店舗から半径500メートル以内の地域が対象です。
宅配便を配達するだけでなくさまざまな生活トラブルの解決もサポートします。
約1万点の商品を販売するだけでなく、水回りのトラブルの修理なども業者に取り次ぎます。
一人暮らしの高齢者が増えている現在の社会状況を考えた新しい取り組みで注目を集めています。

1-2.セブンイレブンの宅配サービス

セブンイレブンではヤマト運輸と提携して宅配サービスを提供しています。
商品を発送したいときにヤマト運輸の店舗まで行く必要がなく、セブンイレブンで着払い・元払い両方の発送手続きが可能です。
また、受取サービスも行っていて、クロネコメンバーズに入会している場合は、セブンイレブンの店舗を指定して荷物を受け取ることができます。
通常サイズの荷物だけでなく、ゴルフ宅急便、スキー宅急便、空港宅急便、ゴルフ・スキー・空港宿泊施設往復宅急便、複数口宅急便などヤマト運輸で提供しているサービスをセブンイレブンでも利用することができます。
また、「オムニ7」というセブン&アイグループで取り扱う商品180万点もの豊富な商品を近くの店舗で受け取れるサービスが新たにスタートしています。

1-3.ファミリーマートの宅配サービス

ファミリーマートではセブンイレブン同様に、クロネコヤマトと提携した宅配サービスを行っています。
発払い宅急便 、着払い宅急便 、ゴルフ・スキー・空港宅急便、ゴルフ・スキー・空港・宿泊施設往復宅急便、複数口宅急便、オークション宅急便が利用可能です。
また、送り状発行システム、送り状印字サービスを始め、小さな荷物を送りたいときに便利な宅急便コンパクトなどのサービスを提供しています。
クロネコメンバーズに加入している場合は、ファミリーマートの店舗を指定して荷物を受け取ることができます。

3つの大手コンビニの宅配サービスを比較してみると、似ている部分もありますが、佐川急便と提携しているローソンは高齢者向け宅配サービスを開始しているなど、その他コンビニよりも先を進んでいると言えるのではないでしょうか。

“佐川急便と提携している”ローソンのフランチャイズについての詳細は説明会で
<全国の説明会情報はコチラ>

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月5日

SNSで共有する