フランチャイズで脱サラする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

会社員として時間や仕事の縛りがある中で働くよりも、フランチャイズで独立をしたいと考えている場合に、どういった方法で脱サラするのか?をご紹介します。

1.フランチャイズで脱サラする方法

開業資金については、まず本部が提示をしている資金の内容を事前にチェックしましょう。

1-1.開業資金と業界について

脱サラしてフランチャイズで独立を考えたとき、開業資金は事前に把握しておかなければいけません。まだ企業で働いているうちから事前に資金を貯める準備をしましょう。
フランチャイズの場合、開業資金が事前にある程度決まっているので、提示されている金額だけを準備しておけばいいと思いがちですが、金額だけではなく詳細についても確認をしておきましょう。
一般的に、開業をするために必要な道具、広告費などの準備する費用は含まれていますが、仕入れ、消耗品、店舗などを手に入れるための取得費用が含まれていない場合があります。そのため、提示されていない金額がないかどうかを調べましょう。
また、生活費(2〜3ヶ月分)が考慮されていない場合もありますので、準備しておく開業資金の金額は多ければ多いほど良いでしょう。

1-2.インターネットで探す

フランチャイズ経営をすることを目的で脱サラをしてもすぐには開始することはできません。将来のことを考え、最初は働きながら資金や情報を集めて、しっかりと計画を練りながらフランチャイズで独立への道を歩みましょう。

フランチャイズで独立をするからといって脱サラをしたあとに、独立の準備や情報収集をするのはやめましょう。
働きながら、インターネットで様々な情報を集め、準備が整った時点で会社を辞め独立開業へスタートを切りましょう。
計画性のない中で、フランチャイズで独立を夢見ていると、無収入の日々を迎えることになってしまいます。
将来的に成功者になりたいのであれば、開業資金や2~3ヶ月の生活費が貯まるまでしっかりと働き、情報収集を怠らないように心がけましょう。

1-3.説明会に行く

説明会へ足を運び、話を聞き、しっかりと計画を立ててからスタートさせましょう。

本部が行っている説明会では、具体的な事業内容、先輩加盟者の声や体験談を聞き、実際に経営者になったときの状況を想像、体験することができます。
また、現在抱えている悩みや不安、開業資金についての相談も、説明会に参加をし担当者に相談できるのでおすすめです。

今脱サラを考えている人は、仕事をしながら資料や説明会で情報収集し、資金を貯めながら開業準備を行いましょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu