人気のフランチャイズを業種別にご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これからフランチャイズで独立を考えている方に、主な業種をご紹介します。
代表的な小売業、飲食業、サービス業について、また、その業種の中でも代表的な業態を含めて見てみましょう。
自身がどういったフランチャイズに興味があるか、経営したいかなどをしっかり検討しましょう。

1.フランチャイズの業種とは?

1-1.小売業とは?

メーカーや業者から仕入れた商品を消費者に売る小売業は、フランチャイズで人気のある業種の一つです。主にコンビニ、買取、リサイクルショップ、中古車販売などがあります。

中でもコンビニは最も有名な小売業です。
生活の一部として使われている方も多いのではないでしょうか。
小売業は、生活に密着した商材を扱うことが多く、お客さんのニーズが高い業種と言えます。

1-2.飲食業とは?

食品等事業者の一つで、飲食を商売にしている業種を飲食業と言われています。主にファーストフード、ラーメン屋、お弁当販売、カフェ、レストランと言ったものが挙げられます。

飲食業の数は多く、誰もが知っている大手飲食チェーンから、あまり知られていないニッチなチェーンも存在します。
飲食業を選ぶきっかけとしては、料理が好きだったり、自身のアルバイト経験があったりすることが挙げられます。
また、提供するメニューに興味があったり、お客さんが喜ぶ独自のサービスを提供して人気を博していたりするチェーンなども、選ぶ際のポイントになります。こういった点をよく考え、長く続けられそうか等を検討してみると良いでしょう。

1-3.サービス業とは?

サービス業とは、無形財の販売業です。
主にハウスクリーニング、カーリペア、学習塾を含む各種スクール、介護・デイサービスなどが挙げられます。近年では様々なサービスを提供するフランチャイズがあります。

人と話をすることや、様々な方との出会い、触れ合いを大切にしたいと思っているならば、フランチャイズ業種の中でもサービス業がおすすめです。
サービス業は店舗、塾、教室などを設ける場合と、加盟者が自らお客さんに直接サービスを提供し、事業所を構えず無店舗販売を行う事業など多種多様です。

業態によっては、サービスの質や標準化を加盟者に伝えることが難しいため、定期的に研修、トレーニングを行い、高いサービスレベルを維持することが必要な場合があります。
また、本部によっては、国家資格などの専門資格を取得することをフランチャイズの加盟条件にしている場合もありますが、ほとんどのフランチャイズで開業までのサポートが充実しているので安心です。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する