大人気のコンビニスイーツ!大手コンビニのこだわりとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コンビニの普及に伴い、すぐ近くでケーキやプリンといったスイーツが楽しめるようになりました。
そこで大手コンビニチェーンのスイーツの魅力や取り組みなど、スイーツに関することをご紹介します。
さらに定番のスイーツについてコンビニごとの比較を行いました。

1.コンビニのスイーツについて

まずは、各種コンビニスイーツがどのような特長を持っているかを見ていきましょう。

1-1.ローソンのコンビニスイーツ「UchiCafé」

ローソンはスイーツに力を入れており、「UchiCafé」ブランドを立ち上げ、季節ごとに旬のフルーツを使ったスイーツや、期間限定フルーツなどを使ったものなど、スイーツへのこだわりが強いです。
素材や見た目にこだわった人気のスイーツが多く販売されており、中でもプレミアムロールケーキは人気が高く、通常のロールケーキでは見られないほど多くの生クリームが使われているため、贅沢な気分を味わうことができます。

1-2.セブンプレミアムのスイーツ

セブンイレブンでは、セブンイレブンのプライベートブランドである「セブンプレミアム」の美味しさを追求したスイーツが多くあります。
焼き菓子やアイスクリーム、メーカーや有名パティシエ監修の元に作られたアイスやチョコレートなどもあり、専門店に行かなくても手軽に楽しむことができます。

1-3.ファミリーマートのスイーツ

ファミリーマートでは他のコンビニとは異なり、苺の生大福やクリーム入りの生どら焼きなどに代表されるチルド和菓子を扱っています。その他にも四季を意識した素材、手作りの洋菓子など、見た目や美味しさにこだわった商品を多く揃えています。

2.定番スイーツの魅力

次に定番のスイーツの魅力をご紹介します。
今回は定番のスイーツの中でもロールケーキ、シュークリーム、プリンについてご紹介します。

2-1.スイーツの定番となりつつあるロールケーキ

ロールケーキは、以前はスイーツというよりはお菓子といったあまりお洒落ではないものが代表的でしたが、新しいロールケーキの誕生によって、コンビニスイーツが一つのブランドとして確立したと言えます。
各コンビニとも生地やホイップクリームにこだわり、甘すぎず、贅沢なロールケーキとして仕上がっていますが、中でもローソンのロールケーキはコンビニのロールケーキの草分け的存在であり、人気商品の一つとなっています。

2-2.各社のシュークリームへのこだわり

ローソンでは卵黄を贅沢に使用した濃厚なクリームで、マダガスカル産のバニラビーンズの香りを入れた味だけではなく風味にもこだわったもの、セブンイレブンではミルクにこだわり、ミルク風味の強いなめらかなクリームとなっています。
ファミリーマートは生地にこだわりを持っており、卵風味のクリームと一緒にシュー生地が口の中で溶けるように改良が加えられています。
バニラ風味や濃厚なクリームが好みの方はローソンのシュークリームがオススメです。

2-3.プリンへのこだわり

ローソンのプリンは出来る限り使う素材を減らして、完成度の高いプリンを仕上げています。セブンイレブンは卵にこだわって作られており、濃厚な味わいです。ファミリーマートは通常のプリンの上にコーヒーゼリーやホイップクリームが乗っており、少し変化のあるプリンといった印象です。
ローソンのプリンは素材を厳選しているため、シンプルですが、その中にこだわりを感じられるものになっているのではないでしょうか。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する