フランチャイズの契約書とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

本部とフランチャイズ契約をする際に、必ず交わすものがフランチャイズ契約書です。
このフランチャイズ契約書にはいくつかの種類と確認しておきたいポイントがあります。

1.フランチャイズの契約書とは?

1-1.契約書の種類

フランチャイズ本部と交わす契約書には、いくつかの種類があります。
フランチャイズ加盟に必要な契約書もこの中に含まれており、本部との大切な取り決めが多く書いてあるため、端から端まですべてに目を通して、理解しましょう。

契約書は大切な取り決めを文書にして取り交わすもので、企業間、あるいは企業と個人の間などで契約を交わす際に利用されます。
その種類はいくつもあり、例えば企業間で継続的に商品の売買や請負などの契約を行うときに取引の事項を契約として定める取引基本契約書や、特定の機械や高額な商材を取引する際に結ぶ売買契約を定める売買契約書などがあります。
中でも今回はフランチャイズに関する、フランチャイズ契約書について詳しく紹介します。
このフランチャイズ契約書は加盟金、ロイヤリティーなど、フランチャイズに加盟する際に必要な項目を記載しており、この契約書にサイン、捺印することで契約が結ばれます。
一般的にフランチャイズ契約の条項は数が多く、細かく定められているため、理解するためにかなりの時間を要するものですが、資金や規則について書かれているので、しっかりと熟読するものと捉えておきましょう。

1-2.確認する際のポイント

フランチャイズ契約書に記載されている多くの項目のうち、確認しておいた方が良いポイントについてまとめました。
しかし、このほかのポイントも大切な項目であるため、必ずすべてに目を通すことが重要です。

重点的に確認をした方が良いポイントがいくつかあります。
まずはフランチャイズ本部に支払う加盟金や月々で発生するロイヤリティーについてです。
説明会や面談時に提示された金額や内容と差異が無いか、比較、確認をしっかり行いましょう。
次に契約期間や契約更新についてです。
フランチャイズ契約の期間はフランチャイズ本部によってさまざまで、途中解約を行った場合は違約金が発生することがほとんどです。
契約期間が長くなるほど、経営がうまくいかなくなった際のリスクが高くなるため、自身の年齢と合わせてその確認は充分に行った方が良いでしょう。
そして違約金についての確認も行います。
違約金の内容や金額についてはフランチャイズ本部によって異なるため、適切な金額かどうかの判断は難しいですが、もし不安な点があれば、再度本部に確認したり、具体例を聞いたり、弁護士等に相談したりしながら確認をするようにしましょう。
これらの確認を怠ると経営のリスクがあるため、必ず確認を行いましょう。その他の項目においても必ず目を通すようにすることが大切です。

以上述べてきた通り、確認する項目が多く大変な作業ですが、抜け漏れの無いよう、しっかりと読み合わせをし、契約を交わすことを心がけましょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する