業種別でフランチャイズを比較する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランチャイズは一般的に小売業、飲食業、サービス業と分類され、そこからさらに細分化されます。
その業種別のフランチャイズの特長を小売業、飲食業、サービス業に分けて詳しくご紹介します。

1.業種別のフランチャイズを比較する

1-1.小売業

大手コンビニチェーンに代表される小売業のフランチャイズはどのような特長があるのでしょうか。
ここでは小売業のフランチャイズについてご紹介します。

小売業のフランチャイズは歴史が長く、その経験やノウハウが多く蓄積されています。
中でも、フランチャイズ加盟店が多いコンビニはフランチャイズの仕組みが確立されており、独立開業に必要な〝人〝〝物〝〝金〝に関する支援が厚いことから、未経験でも始めることができるビジネスモデルです。

小売業で独立開業を考えている人は、一度フランチャイズ本部に問い合わせて資料を取り寄せたり、本部が実施している説明会に足を運んだりしてみてはいかがでしょうか。

1-2.飲食業

次に、居酒屋やファーストフードに代表される飲食業のフランチャイズについてご紹介します。

飲食業は個人で開業する場合、開業当初は知名度が低いため開業時からお客さんを集めることは難しく、安定した収入を得るまで時間がかかるといわれています。
また、提供するメニュー作りはやりがいのある作業ですが、メニュー内容により大きく売上が左右されます。開業前までに周辺の競合店や客層などの綿密なリサーチも必要になってきます。
そのため、十分にリサーチされて考案・開発されたメニューを提供できる飲食業のフランチャイズであれば、そのブランド力によって、安定した集客が見込めます。また、出店場所についても、相談に乗ってもらえる場合も多いようです。

1-3.サービス業

サービス業においては、不動産業やハウスクリーニングなどフランチャイズが増えています。
例えば不動産業の場合、よくテレビCMで見るようなアパートやマンションを紹介する企業も、フランチャイズの仕組みを使い、店舗数を増やしています。

大手フランチャイズチェーンに加盟するメリットとしては、テレビCMなどで宣伝を行っているため、知名度が高く、開業当初からある程度の集客が見込めます。
さらに営業の指導も本部から受けられるため、未経験でも始めることができます。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する