フランチャイズのメリットについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

独立開業する上で、フランチャイズに加盟することは、どのようなメリットがあるのでしょうか。
フランチャイズならではの、受けられるサポートや支援などについてメリットをご紹介します。

1.フランチャイズのメリットについて

フランチャイズは、大手コンビニチェーンや飲食チェーンなど、ブランド名が広く知られていることが一つの強みであると考えられます。
このブランド認知によって加盟者にどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

1-1.大手ブランドの認知

大手コンビニチェーンや飲食チェーンは全国的に名前が知られています。
加盟することでそのブランドを使って店舗を経営できるため、開業当初でも看板を見て、安心して足を運んでくれる人が多いでしょう。
さらに、地元客だけではなく、旅行や出張などでその地域に来た人にとっても利用しやすいなどの恩恵を受けられます。
このように高いブランド認知によって、安定した集客が見込めるといったメリットがあります。

1-2.本部の指導

フランチャイズに加盟すると、開業前や開業後に本部が行う研修を受けられます。
その内容の多くは、本部が積み重ねてきたノウハウに基づくものです。
具体的には、経営上必要な知識やノウハウ、対顧客へのクレーム対応、従業員を雇うフランチャイズであれば従業員の育て方、接し方など、さまざまな事柄を学ぶことができるため、未経験であっても事業を始めやすくなっています。
また、開業後も一定期間ごとに雇用や経営などについてのサポート研修を行う本部もあります。
これらは個人で事業を始めた場合はもちろん受けることはできず、自分で全てを勉強しながら経営することになるため、かなりの苦労が考えられます。
フランチャイズに加盟することは、経営経験がなくても、独立開業しやすい方法ではないでしょうか。

1-3.安価で安定した仕入れ

フランチャイズはその商標・商号を利用して経営できるため、個人で事業を始めた場合に比べて成功しやすいというメリットがあります。
また、設備を安価でリースやレンタルできたり、商品を有利な条件で仕入れられたりする仕組みが整っています。

飲食業のフランチャイズであれば、店舗の設備は他のフランチャイズ加盟店と同様なため、店舗改修や設備費が安く済むことがあります。
そのため、結果的に開業資金の負担軽減につながります。
また、商品は本部が大量に仕入れ、生産するため、その材料費や資材費が安くなるとともに、安定して店舗に仕入れできるため、急な品切れなどの心配もありません。
そのため、商品が売れれば売れるほど利益が出やすく、安定した収入を得られやすくなり、事業が成功する可能性が高いと言われています。
このように店舗設備や仕入れなどの、事業には欠かすことができない費用を抑えることで出費を抑えることができ、さらに商品が多く売れることで利益を上げやすくなることがフランチャイズのメリットの一つではないでしょうか。

ここまでフランチャイズに加盟した場合のメリットをご紹介しましたが、これらはあくまで店舗を運営するための支援であり、何もせずに成功できるということではありません。事業を成功させるには、加盟者自身の経営への姿勢や努力が必要です。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月21日

SNSで共有する