アパレルショップを開業するための開業資金を調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アパレルショップを開業するために、どのくらいの資金が必要になるかを調査してみました。
業界の事情を見ながら、アパレルショップの開業を考えてみましょう。

1.アパレルショップの開業資金について

現在アパレル業界の規模は年々増加傾向だと言えます。
では、なぜアパレル業界が業績を上げているのでしょうか?
業績を上げている理由が分かると、世間が求めているものや今後開業する時にどういったものを販売していくかの参考になるでしょう。

1-1.アパレル業界が好調な理由

アパレル業界の売上高を見てみると、1位はユニクロやGUなどを運営している「株式会社ファーストリテイリング」、2位がファッションセンターしまむらを全国に展開している「株式会社しまむら」となっています。
このように、上位をファストファッションブランドが独占しているのです。
近年、価格は安く、シンプルで高品質なものを取り揃えるファストファッションがブームとなっています。
そのため、ファストファッションブランドの売上は伸び、店舗数も拡大しているのです。

1-2.アパレルショップの開業資金について

業界全体が好調の兆しを見せるアパレル業界ですが、個人で開業するためにはどのくらいの資金が必要になってくるのでしょうか?

まずはセレクトショップの場合を見てみましょう。
セレクトショップはブランドにはこだわらず、オーナーである自分が選んだものだけを販売しているショップです。
そのため、商品を選ぶセンスや時代の流れを敏感に感じ取ることが重要なため、商品の買い付けのために海外など各地を飛び回って商品を探すオーナーも多いようです。
そんなセレクトショップを開業させるためには、店舗代や仕入れ費用などの開業資金と、開業してからの人件費や店舗維持費、仕入れ費用などの運用資金が必要になり、およそ1,000万円あれば、ある程度の運用資金まで賄うことが出来るでしょう。

ブティックはセレクトショップとは違い、ブランドが限定されるようなことが多く、セレクトショップよりは高級志向の商品が多くなっています。
現在低価格が魅力のファストファッションが注目されていますが、それでも専門性を高めて消費者の細かいニーズにも応えられるような商品展開をしている店舗が多くなっているため、ファストファッションに負けないような工夫を各ブティックで行っています。
ブティックを開業させるために必要な資金は、セレクトショップとほとんど同じですが、こちらは商品の価格が高いものも少なくないため、仕入れ金がセレクトショップより多くなることがあります。約1,200万円で開業できると言われています。

1-3.仕入について

アパレルショップを開業する上で重要なのは仕入れです。
仕入れる商品は仕入れを行う自分自身のセンスにかかっています。
では、どのようなところから仕入れることが出来るのでしょうか?

多くの場合、問屋から仕入れる、あるいはアパレルメーカーから直接仕入れるという方法があります。
それ以外にも、古着メインで取り扱うショップの場合は消費者から古着を買い取ったりすることもあります。
また、海外の商品を仕入れるときは直接海外のショップやメーカーに出向いて商品を仕入れたり、国内の問屋や輸入業者からも仕入れたりすることができるので、自分が販売したいものやコンセプトを絞って、欲しい商品の仕入先を探してみましょう。

大手フランチャイズチェーンの説明会に参加して「フランチャイズ」という手段を検討するもの良いでしょう。
<ローソンの全国の説明会情報はコチラ>

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月12日

SNSで共有する