ディスカウントショップの開業資金について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ディスカウントショップはデフレや不況における消費者の低価格志向を背景に注目を集めている業界の一つです。
雑貨や服飾、食品などを低価格で販売しており、若者を始め、幅広い年齢層から人気の店舗ですが、開業資金はどれくらいかかるのでしょうか。

1.ディスカウントショップの開業資金について

ディスカウントショップは雑貨や服飾、ホビーやお菓子などを低価格で販売しており、スーパーマーケットなどとも競合することの多い業界です。
そんなディスカウントショップの業界はどのようなものなのでしょうか。

1-1.ディスカウントショップ業界をチェック

不況における出費の軽減を考える消費者の心理を背景に、日用品や衣料、食料品などを低価格で販売しています。
ディスカウントショップ業界は価格競争が激しく、利益を上げることが難しくなりやすいため、安定した経営が難しくなりがちです。
さらに大手総合スーパーマーケットがディスカウントショップを立ち上げるなど、その競争は激しさを増しています。
その中で、いかに低価格競争から脱却し、安くて品質の良いものを取り扱うようになるかが重要となってきます。

1-2.開業資金について

続いて、ディスカウントショップを開業するにあたって必要となる資金や手続きについて紹介していきます。

ディスカウントショップは低価格で商品を販売するために大量仕入れをする必要があり、在庫を置いておける倉庫やスペースが必要となります。
そのため、大きな面積の店舗が必要となります。また、その土地にかかる費用や改装費用が発生し、数千万円程かかることもあるようです。

また、店舗の面積が一定以上を超える場合、都道府県に届け出をする必要があるため、注意しましょう。
また、中古品であれば「古物商の許可」や食品を取り扱う際は「食品衛生法に基づく輸入手続き」など、それぞれ手続きを行う必要があります。店舗を始めるにあたり、どのような手続きが必要なのか事前にしっかりと調べておきましょう。

1-3.仕入れで気をつけるべきポイント

低価格で商品を取り扱うことから、ディスカウントショップは大量仕入れ・大量販売が基本となります。
価格競争によって経営が圧迫されることも少なくないため、低価格以外にも他のディスカウントショップと差別化をはかることが必要です。
例えば品質の良いプライベートブランドやメーカーと協力して作った独自の商品などがあると差別化をはかりやすくなるでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu