フランチャイズで独立しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自分のお店を持ちたくても1から作るとなると難しく、フランチャイズで開業しようかと考えている方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はフランチャイズで独立するポイントや注意点などをご紹介します。

1.フランチャイズで独立することとは

フランチャイズに加盟することで、加盟者はフランチャイズ本部が持っている経営に関するノウハウだけでなく、商品の仕入れや商品開発などフランチャイズ本部が持つ、商標・屋号を使用することができるため、未経験でも安心して独立することができます。
例えば、コンビニフランチャイズであれば、「ローソン」に加盟することで、多くの店舗で効果のあった経営ノウハウを初めから取り入れることが可能であり、更に、テレビCMでおなじみの「ローソン」の屋号を使用することで、通常の独立と比べて開業時の集客が見込めます。
こういったフランチャイズに関するメリットやポイントを紹介します。

1-1.フランチャイズを利用するメリット

フランチャイズに加盟することで、さまざまなメリットを得ることができます。
一番のメリットは、既に有名な企業の商標・屋号を使って独立することができることです。
また、独立する際に必要な手続きをはじめとするノウハウはもちろん、開業後のサポートもフランチャイズ本部から受けられるため、加盟者は初めから安定したサービスを供給することができます。
独立に必要な資金は必要になりますが、事業を進める際に重要な〝人〝〝物〝〝金〝が揃うため、未経験の人でも安心して経営者になることができます。

1-2.独立するポイント・注意事項

フランチャイズで独立を考えている場合、事前の情報収集や準備をすることが大事です。

フランチャイズ検討する際に、必ずフランチャイズ本部の情報やサポート内容、運営費などを確認し、その業界の将来性があるか等も事前に調べ、フランチャイズ本部に直接問い合わせるなどして疑問点を無くし、内容を理解した上でどの業種、どの業態で独立するかを検討しましょう。

また、加盟者自身が経営者となって独立するため、本人がやりたいこと、興味があることでなければ長続きはしないと言われています。継続して売上、利益を上げていくことを考えると市場の理解、サービス力の向上、競合との差別化など努力していくことが重要です。

自分の問題だからと言って1人で決めてしまうのではなく、家族や友人などに相談し、何かあれば協力してもらえる体制を作ることも大切です。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する