未経験でも、資金面の心配があっても問題なし! 『ファミリーマート』のサポート体制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コンビニ経営を検討している方は、本部からどのようなサポートがあるのかが気になるところでしょう。
ここでは『ファミリーマート』のサポート体制についてご紹介します。

1.『ファミリーマート』のサポート体制

『ファミリーマート』では、具体的にどのようなサポートを行っているのでしょうか。

1-1.加盟支援制度

『ファミリーマート』のフランチャイズには、「嘱託店長加盟支援制度」というものがあります。
コンビニでの勤務経験がない方や資金が足りない方、また専従者となるパートナーがいない方を支援する制度です。

この制度を利用すれば、直営店の店長として働きながら独立に向けて店舗経営の経験を積み、その後オーナーになることができます。『ファミリーマート』には独自のスタッフ育成の仕組み(ストアスタッフトータルシステム:SST)があるので、コンビニでの勤務経験がない方でも一から効率よく店舗経営を学ぶことが可能です。

この制度を活用するにはSSTにおいてスタッフトレーナー以上の資格取得が必須です。また、運営補助者を育成することで、単身の方でも独立が可能になります。

さらに、この制度を利用すると契約時に必要な資金を安くすることができます。通常、契約時には300万円の資金が必要になりますが、制度を利用することで150万円まで抑えることが可能になります。

(参考:嘱託店長加盟支援制度 加盟店募集 ファミリーマート

1-2.契約時必要資金の一部融資も

『ファミリーマート』には契約資金一部融資制度というものがあります。これは、契約時に必要な加盟金や開店準備手数料を本部が融資してくれる制度です。

この制度が対象になる契約タイプは、『ファミリーマート』が土地と建物を用意するタイプです。通常、契約時に支払わなければならない資金は、加盟金50万円(別途消費税)、開店準備手数料100万円(別途消費税)、元入金150万円、合計で300万円(別途消費税)。しかし、この契約資金一部融資制度を利用すると、契約時に支払う金額は元入金の150万円だけになります。

この制度を利用するには、本部の審査基準を満たすことが条件となります。開業資金に不安がある方にとってうれしいサポートです。
(参考:契約時必要資金一部融資制度 加盟店募集 ファミリーマート

1-3.頼れる相談役、スーパーバイザー

『ファミリーマート』のサポートの一つとして、定期的に加盟店に訪問し、相談を受けてくれるスーパーバイザーがいます。

カウンセリングはもちろん、市場調査や経営プランの見当、商品導入の提案など店舗の経営改善に向けてサポートします。また、加盟店の意見を本部に伝え、その意見を活かした本部の戦略を加盟店に伝えるといった橋渡しの役割もあります。
(参考:経営サポート体制 加盟店募集 ファミリーマート)

未経験でも、資金面で困っていても、さまざまな人たちが独立・開業できるようになっている『ファミリーマート』のフランチャイズ。コンビニオーナーになりたい人は、その他のコンビニフランチャイズと比較検討してみてはいかがでしょうか?

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年7月18日

SNSで共有する

TOP
×
menu