コンビニ業界ナンバーワン! 『セブンイレブン』のロイヤリティと特長とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『セブンイレブン』は毎年店舗数を増やし、現在、20,835店舗以上の出店があります(2015年5月現在)。そんな 『セブンイレブン』のフランチャイズに加盟した場合の気になるロイヤリティと特長についてご紹介しましょう。
参考:国内外店舗数|セブン‐イレブン~近くて便利~

1.『セブンイレブン』のロイヤリティ(セブン-イレブン・チャージ)

『セブンイレブン』のロイヤリティは、セブン-イレブン・チャージと呼ばれています。セブン-イレブン・チャージは、加盟契約のタイプによってそのチャージ率が変わってきます。具体的にはどのように分類されているのでしょうか。

1-1.『セブンイレブン』のロイヤリティ

まず、契約タイプには、AタイプとCタイプがあります。
Aタイプは、店舗の土地・建物をオーナーが用意。すでに店舗を構えて自営業している方の商売替えや、土地活用などに適しています。
Cタイプは、店舗の土地・建物は 『セブンイレブン』が用意します。
Aタイプのチャージは、売上総利益に43パーセントの率を乗じた金額になります。
Cタイプのチャージは、売上総利益に対してスライドチャージ率を乗じた金額です。
どちらも5年経過後、条件によりチャージ率が減少することになります。

2.『セブンイレブン』の強み

『セブンイレブン』は日本一の店舗数を誇るコンビニチェーンです。その実績をつくることができたのには、理由があります。ここでは店舗数日本一を実現した、 『セブンイレブン』の特長を見ていきましょう。

2-1.企業理念

『セブンイレブン』の創業の理念は、「既存中小小売店の近代化と活性化」「共存共栄」です。また社是では、お客さんや取引先、株主、地域社会、社員に信頼される誠実な会社となっていくことを定めています。
そして「社是」で定めた企業であり続けるために、社員の行動規範を定め、日常の業務の指針としています。

2-2.プライベートブランド展開

『セブンイレブン』では、「セブンプレミアム」というプライベートブランドを展開しています。幅広い年齢層の方が満足できる食品メニューから、女性の社会進出や高齢化など、多様化する生活ニーズにきめ細かく応える暮らしの品まで手頃な価格で取り揃えています。

2-3.『セブンイレブン』の強み

『セブンイレブン』の強みは、「変化対応力」です。
『セブンイレブン』は日本一の店舗数を誇るチェーンです。店舗数が増えても、既存店が売り上げを伸ばし続けています。その成功の要因は、「変化対応力」です。
この「変化対応力」というのは、時代の変化を後追いするという意味ではなく、時代を先読みし、世の中の変化をとらえて、商品・サービスを提供するということです。
これからの戦略の一つとしては、オム二チャネルが挙げられます。オム二チャネルとは、いつでも、どこでも、自由に買い物ができ、受け取ることのできるシステムを指します。多くの実店舗が存在すること、さまざまな業態の店舗がグループ内にあることの強みを活かし、オムニチャネルを展開しています。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月26日

SNSで共有する

TOP
×
menu