中古車販売は儲かる? 利益を出す方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

中古車販売は、古物商許可証を取得して開業届を出せば始められる手軽さから、独立・開業の手段として選ぶ人が多い業種の一つです。
その中古車販売の業界で、売り上げや利益を獲得するにはどうすれば良いのでしょうか? ここでは、その具体的な方法についてご紹介します。

1.中古車販売業の売り上げ・利益について

実はここ数年、日本国内の新車の購入台数は減っています。それによって、新車を購入する際に出す下取り車両の数も減り、中古車販売業者で販売される中古車の数も減っています。在庫不足と言われている中古車販売で売り上げを出し利益を得るにはどうすればよいのでしょうか。

1-1.中古車販売業界の売り上げ

日本では約10年前から中古車の販売台数が減り続けていました。しかし2012年、エコカー補助金の影響もあり新車の販売台数が増加。それによって中古車の下取りや買い取りが積極的に行われるようになりました。また、2013年には消費税増税前の駆け込み需要が増えたことによって売り上げもアップし、中古車業界にとっては久々のプラスとなりました。2015年は出だしこそ好調だったものの、4月をピークに売り上げは伸び悩み。それ以降は右肩下がりで業界の現状が回復したとは言い難い状況が続いています。

1-2.中古車販売業で売り上げ・利益を出すには

厳しい業界の中でも売り上げ・利益を出している店舗はあります。
中古車販売をするのであればしっかり売り上げ・利益を出すために必要なポイントは押さえておきましょう。

中古車販売では、お客さんから買い取った車両は中古車オークションに出品することが多いです。「売買された価格」-「お客さんから買い取った査定価格」=「会社の利益」となるため、お客さんから買い取る場合は利益を出すことを考え、買取オークションの相場をしっかりと把握しておくことがポイントとなります。

店頭にどんな車両を揃えるかという点も大切です。日本では軽乗用車の販売台数が拡大していますが、最近再び人気を得ているのがミニバンやワンボックスといったファミリーカーです。販売業者として売り上げを伸ばすためにはその地域での客層や、どのような車両の需要が高いかを常に把握しておかなければなりません。また、景気や経済の動向に注目して次に何が売れそうかを予想することも大事です。
買取価格や市場の動向をきちんと把握し、儲かる中古車販売店を目指しましょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu