金券ショップで独立・開業して儲けたい! 売り上げ・利益はどう上げる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

飛行機や新幹線の切符、映画チケットなどを安く販売する金券ショップ。
昨今の景気低迷の影響もあり、「1円でも安く出張ができれば……」と考えるビジネスマンや、「できるだけ節約をしたい……」と考える主婦にとって、大きな味方となっています。
そんな金券ショップを実際に経営するとなると、どのように売り上げや利益を上げていくのでしょうか? 詳しく見ていきましょう。

1.金券ショップの売り上げ・利益

金券ショップは同一の商圏内においてどの店舗でも販売価格がほぼ一定になります。したがって、価格面を軸に置いた集客策ではなく、サービス面を充実させることが選ばれる金券ショップになるための大事なポイントです。
金券以外の商品を扱ったり、列車、船、航空チケットのキャンセル待ちや予約サービスを行うなど、お客さんの利便性を考慮したサービスを展開し、他店との差別化を図るようにしましょう。

1-1.金券ショップのビジネス

現在の金券類の販売価格は、金券の98~99%がほとんどを占め、買取価格はその金券の94~96%が一般的です。そのため、買取と販売の利幅は1~3%程です。この数字からも分かるように、金券ショップは薄利多売の典型ですので、回転率で勝負をすることが大事なポイントになります。

1-2.金券ショップで利益を上げる方法とは

金券ショップは店舗の立地によって売れ筋の金券が変わっていきます。
繁華街やショッピングセンターでは、主婦が商品券の売り買いに、駅や空港周辺ではビジネスマンが少しでも安い航空券や乗車券を求める。というように、流通する商品や客層が大きく変わります。希望する経営スタイルによって、適切な立地に出展しましょう。

金券ショップの独立・開業には、個人で一から仕組みをつくっていく場合と、フランチャイズに加盟する場合と、大きく分けて2つの方法があります。
個人の場合は、物件の準備、取り扱う商品やコンセプト、商品の仕入れなどすべて自力で行わなければなりませんが、その分自由度が高いことが特長です。
一方、フランチャイズに加盟して金券ショップを経営する場合には、本部に対する加盟金や一定のロイヤリティは発生しますが、本部が培ってきた経営ノウハウや仕入れルートを活用できます。
経費がかさむチラシやポスターなどの広告物も安価で提供してもらうことができ、加盟店が買い取った全国共通チケットが売れ残った場合、再買取を本部が保証するサポートが設けられている場合もあります。さらに、開業後も本部で勉強会やオーナー交流会の開催、スーパーバイザーによる定期的なサポートをしてくれるフランチャイズもあります。初めての金券ショップ開業であれば、本部のサポートが充実したフランチャイズはオススメの方法です。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu