小売業のフランチャイズについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランチャイズで小売業を営むメリットは、未経験から開業できること、経営ノウハウや、流通が利用できるスケールメリットなどが挙げられます。

さて、ここからはコンビニも含まれる、小売業について、市場規模を見てみます。
サービス業の市場規模を知ろう
※JFAフランチャイズチェーン統計調査2013年度(2013年4月から2014年3月)参照。
※店舗数は各チェーンの加盟店・直営店数の合計、売上高は加盟店・直営店の店舗末端売上高。
※CVS=コンビニエンスストアの略

JFAによる2014年度調査結果では、コンビニ以外にも、スーパーや業務スーパーの業績が好調でした。

また、増税前の駆け込み需要で、家具・家電、ドラッグストア、医薬品、書籍、スポーツ用品、中古車の買取、販売などの業績が上がっている結果となっています。

小売業のフランチャイズは、金やプラチナなどの買取、リサイクルショップ、はんこショップ、チケットショップ、中古車の個人売買などさまざまな業態があります。
やはり代表的な小売業といえば、コンビニが挙げられます。

現在日本全国で約51,000店舗にのぼるコンビニの売上高は、小売業全体の約70%を占める、いわばフランチャイズ業界の稼ぎ頭であると言えるのではないでしょうか。

コンビニフランチャイズのメリットの1つに、1店舗が軌道にのった後、多店舗経営といった売上を伸ばし、経営者としてもステップアップする仕組みがあります。

コンビニのフランチャイズ募集サイトを見ても、1店舗だけでなく、複数店舗を経営し、成功しているオーナーのリアルな声が載せられています。

小売業でフランチャイズを検討する方は、一度、コンビニフランチャイズを研究してみても良いのではないでしょうか。

<全国の説明会情報はコチラ>

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月5日

SNSで共有する