買取ビジネスは不況に強い! その特長を解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

買取業界は世の中の景気に左右されにくい業界の一つと言われています。
今回はそんな買取業界の強みと買取フランチャイズの特長について解説していきます。

1.買取業界の動向

買取ビジネスは不況知らずと言われています。不況になると金の買取価格が高騰するため金を売る人が増えるからです。同様に、ブランド品などを売って現金にしようとする人たちも増加する傾向にあります。

さらに、ここ数年でエコへの意識が人々の間で高まっているため、中古品を捨てないで売る動きも高まっています。反対に、消費を抑えるためにも中古品を買って節約する需要もあり、業界は賑わっています。

買取の対象となるものは店によって異なりますが、貴金属・ブランドだけを扱うところもあれば、骨董品、切手、小銭、衣服などさまざまな商品の買取をするところがあり多種多様です。

1-1.他のフランチャイズより開業資金が低め

買取業界のフランチャイズは、他の業界よりも開業資金が低いため開業しやすいのが特長です。

買取のみの場合、在庫スペースや展示スペースが不要なので数坪でも営業が可能で場所代に大きな費用がかかりません。また、一人で営業することができるので、人件費を安く抑えることができます。

しかし、フランチャイズブランドによって、加盟条件や加盟金はかなり違いがありますので事前確認はしっかりと行いましょう!

1-2.在庫リスクがなく、サポートつきで開業できる

通常、商品を扱うビジネスでは在庫を抱えるリスクがつきものです。しかし、買取事業はお客様から商品を買い取って、専門業者と提携して換金するだけなので、在庫リスクを抱える必要がありません。

また、開業し始めや慣れてない頃は適切な買取価格をつけられるか不安だと思います。フランチャイズであれば、本部からのサポートや開業前にしっかりとした研修を受けて必要な技術を身につけられます。開業後も本部担当者がテレビ電話などを利用して直接鑑定してくれるサポートなどがあるので安心して開業することが可能です。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年4月17日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu