コンビニやハウスクリーニングだけじゃない! 雑貨屋をフランチャイズで始められるってご存知でしたか? 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

おしゃれな雑貨屋を経営する。そんな夢を持っている方も多いと思います。その夢を実現するためにフランチャイズを活用してみてはいかがでしょうか?

1.フランチャイズにはさまざまな業態があります! 雑貨屋もフランチャイズで開業可能

フランチャイズといえば、コンビニエンスストアやハウスクリーニング、また介護サービスなどを思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、フランチャイズシステムを利用して雑貨屋を開業することができるのです! 実際にフランチャイズに加盟して雑貨屋経営をされている方はたくさんいらっしゃいます。今回は、そんな雑貨屋のフランチャイズについて詳しく見ていきましょう。

1-1.メーカーの開拓から物件取得など・・・。個人での開業が大変なのが雑貨屋

そもそも雑貨屋とは、インテリア用品や生活雑貨を販売するお店のことを言います。

雑貨屋のフランチャイズの加盟条件は企業によってさまざまですが、
ここでは、雑貨屋フランチャイズの開業モデルを例に挙げていきます。

加盟金 200万円
保証金 200万円
商材費 1,200万円
改装費 100平米で1,000万円
その他必要な資金 200万円程度

合計すると、およそ2,800万円が必要になります。

このとおり、雑貨屋の開業にはある程度の資金が必要なのが分かります。

ただ、個人で開業するとなると、商材を仕入れるメーカー探しから契約、物件取得などさまざまな業務を一人で行わなければいけません。そして、お店の宣伝や改装などにも工夫と努力をしてアイデアを練らなければいけませんし、費用もたくさんかかります。

一方、フランチャイズ開業するとなると、オーナーに本部が長年培ったノウハウを伝授してくれます。スーパーバイザーによる細やかなサポート体制があるので、未経験でもスムーズに開業することが可能です。

1-2.雑貨屋をフランチャイズで開業するメリットとは?

フランチャイズで雑貨屋を開業する際の具体的なメリットをご紹介します。

まず、新しい商品の仕入れをオーナーが自分自身で行う必要がありません。
商品は本部が開発したり選定したりするため、自分でメーカーやバイヤーと交渉して商品を入荷しなくても良いのです。本部の選定する商品は、本部のマーケティングに基づいた話題性の高い商品であるものが多く、必要な商品や売れる商品とはどのようなものかを学んでいくことができます。

また、本部の店舗開発力を利用して、短期間でのオープンが可能です。個人だと時間や労力のかかる物件選びや業者選びも本部がサポートしてくれる場合があります。

さらに、一番不安な経営面も本部が支援してくれるので安心です。開業前に立地調査のレポート作成や開業前に売上予測を算出してくれることもあり、初めての開業でも安心して取り組めるでしょう。

また、販売促進活動においても、本部のブランド力や、運営しているホームページがそのまま宣伝活動につながります。メディアでの宣伝やチラシ作成なども本部が行いますので、それらを活用した集客が可能なため心強いです。

このように、雑貨屋のフランチャイズは、未経験の方でも安心して独立・開業できる仕組みが整っています。
雑貨屋開業をお考えの方は、フランチャイズでの開業も選択肢の一つとして考えてみるのもオススメです。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu