幼児向けからシニア向けまで! パソコン教室のフランチャイズ開業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

以前は中高年の方々を対象として、パソコンの基本操作について教えるところが多かったパソコン教室。ここ数年は、子どもたちがプログラミングを学べる教室が増えるなど、さまざまな業態の教室が増えています。この記事を今読んでいる方は、パソコン教室の開業に興味のある方だと思います。ぜひ開業を考える際に、フランチャイズでの開業も選択肢として入れてみてはいかがでしょうか? 今回は、フランチャイズのパソコン教室の特長についてご紹介します。

1.フランチャイズってどういうシステム?

フランチャイズとは、フランチャイズを運営している本部が加盟者と契約を結び、一定の条件で本部が加盟者に営業権や商品、経営ノウハウを提供し、加盟者は本部にその対価(ロイヤリティ)を支払うという仕組みのことをいいます。
パソコン教室のフランチャイズでは、授業で使うテキストや生徒への指導、教室経営のノウハウなどを本部が提供し、加盟者がその対価を本部へ支払い、活用することになります。

1-1.開業するにあたり必要なものについて

フランチャイズでパソコン教室を開くには、まず開業資金を用意しなければいけません。
最初に加盟者は、本部に支払う加盟金が必要です。パソコン教室の開業の場合、事業主によって差が大きいのですが、安いところでは3万円から、高くなると200万円を超える加盟金が必要です。

そしてパソコン教室を開くのであれば、パソコンは必須です。最近では安くて性能の良いパソコンが増えているので、開業資金の予算と照らし合わせてパソコンを購入しましょう。また、資料やテキストを印刷・コピーするためのプリンタやインターネット環境の整備も必要となります。

1-2.メリットたくさんのフランチャイズ開業でパソコン教室のオーナーに!

未経験から開業を目指す人にとっては、フランチャイズに加盟して開業することで大きなメリットが得られます。本部の持つブランド力や商品、営業・経営ノウハウなどを提供してもらい、活用しながら経営を行うことができるからです。

パソコン教室で大事になるのは、指導方法です。
全国に生徒を抱えているフランチャイズ本部は、分かりやすいテキストだけでなく、初心者から中級者までさまざまな生徒に対応するためのノウハウを持っています。そのノウハウを活用することで、指導の不安をすぐに解消できるところがフランチャイズの特長です。
各フランチャイズ本部の方針や開業資金などをチェックして、自身が開きたいと思うパソコン教室の開業を検討してみてはいかがでしょうか?

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年4月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する