ご存知ですか?アパレル業界にもフランチャイズがあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アパレル業界での独立開業は、フランチャイズに加盟すれば未経験でも比較的容易に開業することができるのが魅力です。アパレル業界のフランチャイズとはどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

1アパレル フランチャイズについて

アパレル業界にもフランチャイズの仕組みがあることをご存知でしょうか?
あまり聞き慣れないとしても無理もありません。アパレル業界で積極的にフランチャイズ展開している企業は多くはないからです。
しかし、その一方でフランチャイズシステムを活用した店舗展開で頭角を表す企業がいるのも事実です。フランチャイズで素早く店舗展開を進められれば、仕入や流通の効率化、ブランディング強化などさまざまなメリットを得ることが可能です。

1-1.仕組みについて

加盟するにはまず開業資金が必要です。
開業資金の内訳は、加盟金や店舗のデザイン費、研修費用、仕入代金などが含まれます。企業によって大きく異なりますが、少なくとも開業資金は1千万円近く必要になるでしょう。

また、仕入れについてもフランチャイズに加盟することで大きなメリットがあります。仕入れはフランチャイズ店舗と直営店を含めた全店一括で行うことが多く、ボリュームディスカウントが効いたりするため、低価格で質の良い商品を仕入れることが可能です。一方、個人で開業する場合は、一から仕入れルートを開拓しなければならず、しかも小ロット高単価での仕入れとなる場合が多くなります。この点においてフランチャイズに加盟するメリットは大きいでしょう。

他にも、本部によっては、従業員の研修や在庫管理システムなどを提供してくれることもあります。煩雑な業務を代行してくれるサポートがあれば、オーナーは経営に専念することができます。

1-2.アパレルフランチャイズの出店傾向

最近の出店傾向は、地方都市で地域に根付いているスーパーやショッピングモールが多く見られます。加盟店はそのような商業施設の既存顧客データを基に、豊富な商品の中からその店舗で売れる見込みのある最適なアイテムを販売。既存顧客が満足できる品揃えを確保し、リピート率を上げてもらうことで安定した収益を狙っています。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年3月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する