ローソンのサポート体制について。実は未経験から始められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ローソンでは、開業するオーナーのためにさまざまなサポート体制を整え、安心して経営を進めていけるようなシステムを確立しています。多くのコンビニチェーンの中でも、ローソンは特に研修システムが充実しており、開業前後はもちろんのこと、経営を一定期間続けたときにも定期的な研修が行われています。

オーナー自身が店舗づくりに必要なスキルだけではなく、お店を支えるクルー(パート・アルバイト)への研修もしっかりしていて、ゆくゆくはリーダーとして活躍できる人財育成が出来る体制を整えています。

1.ローソンオーナーへの道!充実のサポートを活用

ローソンのオーナーになるため、またオーナーとして店舗経営を始めてからも、充実したサポートが受けられるのがローソンの強みです。基本的なオペレーションや経営プランの作成、商品発注と品揃えなどさまざまな研修がオープン前に受けられるだけではなく、それ以降もさらにオーナーのスキルアップやクルー(パート・アルバイト)の育成方法など、さらに深い内容の研修をじっくりと受けることができます。経営方針に迷ったときや、人財育成の方法を知りたいと思ったとき、さらにこれからの経営に際しての具体的なビジョンなどを決めるときにも、ローソンの研修制度は心強いものとなるでしょう。

ローソンのサポートについての詳細はこちら
<ローソン FC加盟店募集サイト>

1-1.初めてでも安心のオープン前研修

開業するにあたって、事前に十分な研修を受けることができるのがローソンの大きな特長です。このオープン前研修のシステムは、他のコンビニチェーンでも見られないほど充実しており、全くゼロの状態からしっかりと知識やノウハウを身に着けることができるようになっています。
オープン前研修のスケジュールとしては計20日間をかけて全過程の終了となります。
まずはスクールトレーニングとして6日間講義を受け、その後、トレーニング店舗にてストアトレーニングを7日間、契約店舗でのストアトレーニングを7日間、計14日間でしっかりと現場での経験を積むことができるのです。
この充実した研修システムがあることで、オープン前の物理的な準備だけではなく心の準備も十分に整えられます。

1-2. オープン後も、振り返り研修でモチベーションアップ

ローソンのオーナー研修は、オープン前だけではありません。経営を始めてからも定期的に研修サポートを受けることが出来ます。この研修が、今までの経営を振り返ってみて改善すべき点や新たに追加するスキルなどを見直す機会になります。これまでを振り返るだけではなく、これからの経営プランの構築や店を任せることができるクルー(パート・アルバイト)の育成についても学習し、さらに強い店舗づくりを目指します。
オープン後の研修については、オープンから1年・2年とあり、再契約のタイミングの10年でさらに研修を重ねます。この段階ごとに、次のビジョンに向けての体制を整えることになり、さらに上を目指すためのイメージを具現化できるのです。

1-3.複数店舗経営のための支援

ローソンがオーナーのために行っているサポートの中でも、将来的に複数店舗を経営することを積極的に支援している制度があります。「複数店経営支援制度」と呼ばれるもので、オーナーの事業拡大への夢を支える制度となっています。オーナーとしても複数店を経営することでさらに収入をアップさせることができ、また地域に根差した店舗経営を実現させられることにもなります。

複数店経営支援制度の内容は盛りだくさんで、例えば費用のことで言えば新店舗の加盟金のうち100万円が免除されたり、本部チャージの優遇が受けられたり、また3店舗以上経営で奨励金が支給されたりといったメリットがあります。また、本来は店舗専従者を2名用意する必要があるところを、新店舗では決められた研修を修了した認定店長が1名いれば出店が可能となります。

1-4.人財育成。本部と店舗が一体となってリーダークルーを育成

ローソンの経営サポートで力を入れているものの1つとして、クルー(パート・アルバイト)の人財育成も挙げられます。店を支えるクルーや店長候補の研修も随時行われており、オーナー不在時にも店がスムーズに営業できる人財を育てます。ここで優秀な人財を育てることができれば、オーナーにとっても次の出店について考える余裕が出来ることになります。

こうしたリーダークルーや店長候補の育成も、本部が積極的に行っているサポートです。 スタッフが育てば店舗も育ち、オーナーの複数店舗経営の夢も彼らに支えられて実現に近づけることが出来ます。

接客レベルのアップやサービス向上、また店舗をまとめられるリーダーシップの習得といったように、店舗経営に必要なスキルを本部から直接教育されることで、優れた人財として店舗を支えられるようになります。さらに、本部との密な関係性を築くことで一体化を図ることができ、本部の経営方針を深く理解して店舗を引っ張っていけるリーダークルーや店長候補を育てることにつながるのです。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する