コンビニ経営を始めたい!開業資金はどうやって集めれば良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フランチャイズでコンビニを始める際には、加盟金や研修費など様々な資金が必要となります。開業資金を自分の貯金だけでまかなおうと考える方もいるかもしれませんが、基本的には融資を受けることがほとんどでしょう。ここでは、コンビニの開業時に必要な開業資金の知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

1.コンビニの開業資金

コンビニを開業する際には、どういった資金が必要となってくるのでしょうか?コンビニのブランドや加盟プラン、土地・建物の所有の有無によっても開業資金は異なります。

1-1.開業にかかる資金

コンビニの開業時に必要な資金は、約150万円~300万円の加盟金と開店準備金約50万円、2~3ヵ月分の生活費を準備しておくのが一般的です。加盟金には契約金や各種研修費用、開店準備手数料などが含まれます。一から個人で店舗を構え、開業することに比べて低資金で済むものの、総額で約400万円ほどの資金が必要になります。

1-2.他の小売業との開業資金の比較

コンビニ以外の小売業でフランチャイズ経営する場合には、どれくらいの開業資金が必要なのでしょうか?これは業種によって異なりますが店舗が必要なビジネスの場合、1,000万円以上必要となる場合があります。一般的な店舗型のビジネスで比べると、コンビニの場合、比較的低い開業資金で始めることが出来ます。

2.開業資金の知っておきたいポイント

開業にかかる資金がおおよそわかったところで、その資金は何に使用されるのか、開業資金の集め方などコンビニ経営する際に覚えておきたい、開業資金にまつわるあれこれをご紹介します。

2-1.加盟金とは?

そもそも加盟金って何?という方もいるかもしれません。加盟金とは、フランチャイズ本部がオーナーへノウハウの提供であったりブランドの使用料金です。この加盟金を支払うことによって、特定の商標・商号という看板を背負って商売を行うということです。
コンビニチェーンの加盟金の内訳は、一般的に開業準備手数料や研修費、宣伝企画費なども含まれており、約150万円~300万円程度が相場になります。

2-2.タイプによって異なる開業資金

コンビニにフランチャイズ加盟する場合、契約タイプが2つに分かれているケースがほとんどです。この契約タイプによって店舗建設や内装設備の負担をどちらがするのか分かれていたり、ロイヤリティなどのバランスが変わってくるので、契約の前に確認しておきましょう。

一般的に、以下の2パターンに分かれています。

1.フランチャイズ本部が土地と建物を用意する場合

フランチャイズ本部が土地と建物を用意する場合は、店舗建設費や内装設備にかかる費用を負担してくれるので、初期費用が抑えられるので低資金での開業が可能です。一方、ロイヤリティ(チャージ)が土地や建物を所有している場合よりも高くなる場合が多いです。ロイヤリティがどういったものかは「コンビニ経営をするなら知っておきたい!ロイヤリティについて」をご覧ください。

2.オーナーが土地と建物を所有し、準備する場合

既に土地を所有している場合は、加盟金に店舗建設費と内装設備費はオーナー負担になります。メリットとしてはすぐに開業でき、ロイヤリティ(チャージ)が抑えられるので長期的に考えると支出を削減することができます。

2-3.インターン制度を使えば加盟金が免除に

コンビニフランチャイズではインターン制度を設けている本部もあります。インターン制度とは、契約社員として給料をもらいながら店舗勤務し、経験を積んで独立開業できる制度です。インターン制度を利用すれば経験が積めるだけではなく、独立する際の加盟金が免除されます。また転居費や住居費も支援してくれるのでスキル面でも資金面でも安心して開業することができます。

【加盟金0円でオーナーに!】ローソン FCオーナー・インターン制度

3.開業資金の調達について

開業資金の調達には自分の保有資産だけで資金を準備する方法もありますが、一般的には融資を受けて開業資金を集めることがほとんどでしょう。では融資を受けるにはどうしたら良いのか、融資を受ける際に気をつけるポイントを紹介します。

3-1.融資の際に気をつけるべきポイント

開業資金の融資を受ける際、他でローンを組んでいると借りられないのではないか?と心配に思う方もいるでしょう。例えば日本政策金融公庫で融資を受ける場合なら、住宅ローンやカーローンなどが残っていたとしても、融資を受けることが可能だったりしますので、検討する価値は十分にあります。

3-2.融資先候補について

融資を受ける場合は、日本政策金融公庫や、自治体の中小企業融資制度を利用するケースが多いようです。銀行の場合、中小企業に対する融資には、保証協会の保証が求められます。つまり2重の審査が必要になるため、融資実行までに時間がかかり、他に、保証協会への保証料も必要になります。
一方で、日本政策金融公庫の場合は審査は単独の審査で進められますので、審査スピードが速いことが特長と言えます。利率は無担保の場合、銀行と差はほとんどありませんので、開業資金を集める際に強い味方となってくれるでしょう。

まとめ

コンビニの開業は他の小売業よりも低予算で開業できるメリットがあります。コンビニ本部ごとに開業資金も異なり、開業までのサポート制度も様々です。開業前に情報を集めて、自分にとって最適なコンビニ本部、契約タイプを選びコンビニ経営を成功させましょう。まずはコンビニ本部の説明会へいって詳細を確認することが、コンビニFCを知る近道です

<全国のコンビニフランチャイズの説明会情報はコチラ>

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年8月17日

SNSで共有する

TOP
×
menu