デイリーヤマザキのフランチャイズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

デイリーヤマザキのフランチャイズに加盟するには、どのような条件があるのか、初期費用やロイヤリティはどうなっているのかなどについて紹介します。

1.デイリーヤマザキのフランチャイズ

デイリーヤマザキのフランチャイズについて、仕組みやサポート体制を紹介します。

1-1.デイリーヤマザキのフランチャイズの仕組み

デイリーヤマザキでは、オーナーが店舗・設備を用意するタイプ(FC-A)と、デイリーヤマザキが用意した店舗設備で経営するタイプ(FC-C)の2タイプがあります。

1-2.デイリーヤマザキの本部サポートとは

店舗システム、OFCによるアドバイス、FC総合保険・加盟共済制度などがあります。
開発担当者によるフォローでは、オープンするまで立地・通行量・競合店調査などを実際に行い、一緒にお店を立ち上げます。

2.デイリーヤマザキのフランチャイズに加盟するには

デイリーヤマザキのフランチャイズに加盟する費用やロイヤリティについて、紹介します。

2-1.フランチャイズの加盟相談はどこにすればいい?

デイリーヤマザキのフランチャイズ加盟する際、個別面談から始まります。

2-2.最初にかかる費用は

デイリーヤマザキの初期費用は180~220万円とタイプによって異なります。

<デイリーヤマザキが用意した店舗・設備で経営を始めるタイプ(FC-Cタイプ)>

  • 研修費 90万円
  • 開店準備手数料 100万円
  • 釣銭 30万円

合計220万円
※上記は税抜き金額です。
※その他、開店時商品代金として最低150万円が必要。

<オーナーが店舗・設備を用意するタイプ(FC-Aタイプ)>

  • 研修費 50万円
  • 開店準備手数料 100万円
  • 釣銭 30万円

合計180万円
※上記は税抜き金額です。
※その他、開店時商品代金として最低150万円が必要。

2-3.ロイヤリティは?

デイリーヤマザキの一般品(HBP商品)とデイリーホット商品の売上総利益によって異なります。

<デイリーヤマザキが用意した店舗・設備で経営を始めるタイプ(FC-Cタイプ)>

    • 一般品(HBP商品)

売上総利益 250万円以下の部分 40%
売上総利益 250万円超~360万円以下の部分 55%
売上総利益 360万円を超える部分 65%

    • デイリーホット商品

売上総利益に対し 27%

<オーナーが店舗・設備を用意するタイプ(FC-Aタイプ)>

    • 一般品

売上総利益 500万円以下の部分 30%(24時間営業店以外は32%)
売上総利益 500万円を超える部分 23%(24時間営業店以外は25%)

    • デイリーホット商品

売上総利益に対し 18%

2-4.デイリーヤマザキオーナーになるまでの流れ

デイリーヤマザキのオーナーになるまでの流れは下記の通りです。

  • 個別相談
  • 立地調査・事業計画
  • システム・契約内容の説明
  • FC契約
  • 研修・開店準備
  • オープン

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する