飲食業で開業する際の開業資金について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

飲食業は、一般的に開業資金が高いと言われています。ここでは、どのくらいの開業資金が必要なのかを見ていきましょう。

飲食店の業種や規模、扱うメニュー、形態などによって必要な開業資金は異なります。
そこで、代表的な業種を例に挙げてみましょう。

◆例1 カフェ
開業資金の例として、店舗面積30坪程度の喫茶店を開業する場合の目安としては、物件の保証金や仲介手数料、内装工事、厨房工事、備品や什器、看板、市場調査費、販促費、社員などのスタッフ募集費用、水道光熱費などを含め、約3,000万円と言われています。

◆例2 ラーメン店
ラーメン店においては、内装・外装工事、厨房設備工事、什器、備品、広告宣伝費、アルバイト募集費などを含めると、それほど大きくない規模の店舗でも約1,000万円はかかると言われています。

ちなみに、コンビニチェーンの場合、開業資金は約250~300万円となっており、比較してみても、飲食店を開業するには多くの資金が必要なことがわかります。

このような高額な開業資金を自分で用意するのは簡単なことではありません。その場合は、資金を借りるという方法があります。

日本政策金融金庫の「新創業融資制度」は、無担保・無保証で3,000万円まで融資の枠があります。低金利で自己資金は融資額の1/10から可能といった、メリットの多い制度です。

また、各自治体の制度融資を利用するのもひとつの方法です。都道府県や市町村など、各自治体では開業をする人のための融資制度を設けています。地方自治体が直接融資をするのではなく、自治体の援助を受けた銀行の融資を受けるということです。そのため、この制度を利用して実績を作れば、事業を拡大する際など融資を受けやすくなるといったメリットもあります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する

TOP
×
menu