コンビニフランチャイズのサポート体制について。仕組みから紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コンビニフランチャイズで経営を始めることは、開業資金が比較的安く、経営のシステムが確立されている点などから注目されています。
店舗で高度な作業が発生しないことが、発展につながったのでしょう。また十分な研修システムやSVと言われる担当者の定期的な店舗訪問といった制度の整備が充実している点も人気の理由です。

1.フランチャイズでコンビニ経営

コンビニのフランチャイズ経営とは、どのようにして進められるのでしょうか。フランチャイズの仕組みを大枠で理解しておけば、説明会などに参加したときにもイメージしやすくなるでしょう。

1-1.フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは、店舗などの経営においてノウハウや商標などの権利を持っているフランチャイズ本部が、加盟店にそれらを提供し、加盟店がその利用対価として、本部にロイヤリティを支払うという形態を指します。
コンビニにおいてもこのフランチャイズの形態を採っていることがほとんどで、フランチャイズ本部とコンビニオーナーがフランチャイズ契約を結ぶことで、コンビニ本部の商標・商号やロゴ・フランチャイズシステム、また経営ノウハウなどを使用して経営を行うことができるようになります。

1-2.本部と店舗の関係

フランチャイズ本部と加盟店の双方の間には、基本的に雇用関係や直営のような関係はなく、あくまでビジネスパートナーとして対等な関係性を持っています。
加盟店側のメリットは、商標やノウハウを使用できるだけではなく、経営戦略やブランド戦略、新商品の開発、広告、またあらゆるサポートなどを利用できることから、全てを自分自身で行う場合と比べて、低予算での開業が可能になります。

2.コンビニフランチャイズの充実のサポート

コンビニでの勤務が未経験でも、小売業の経験も無いといった方でも、コンビニのフランチャイズ経営を始めることが出来ます。
最大の理由は仕組みが確立されている点と言えるでしょう。
コンビニチェーンごとに、それぞれ独自のサポート体制があり、オーナーの不安や疑問にもしっかり応えてくれるシステムを充実させています。また、定期的な研修や店舗訪問などを活用して経営を行い、同時にオーナーの運営・経営のレベルアップも図っていきます。

2-1.独立開業をサポート

店舗開業に必要な作業に加え、スタッフの募集から研修、経営プランや商品の仕入れ、販促に関する方法など多岐にわたってオーナーへのサポートを行っています。その他にも、コンビニチェーンごとにきめ細やかなサポートが行われています。

2-2.開業後も運営のためのサポートが充実

コンビニフランチャイズ本部のサポートは、開業すれば終了というわけではありません。
開業後に関しても本部のSVと言われる担当者が定期的に店舗を訪問し、改善すべき点や商品展開、またスタッフの教育などさまざまな面においてサポートを行います。

さらに、その機会にオーナーの意見を聞き、本部へ反映させてくれるなどといったように、本部との強いパイプを作り出してくれるところもあります。

その他、一定以上の売上が望めない場合にもオーナーの収入を保証したり、24時間体制のセキュリティシステムを完備したりなど、フランチャイズ本部によってその取り組みもさまざまです。

2-3.安心の研修制度

オーナーのスキルアップのための研修システムも充実しています。
開業前の研修だけではなく、開業してからも定期的に研修の機会を設け、経営ノウハウのさらなる吸収だけではなく、スタッフの育成や目標設定など、経営を進めていく上で発生する問題点を解消できるような体制を整えています。

研修では、講義の受講だけではなく実際の店舗に出向いてオペレーションを再度確認したり、さらに技術をアップさせたりといったことも行われ、オーナー自身の体で経営スキルやノウハウを身に付けることができます。開業してからも受けられる研修制度は、一定の期間経営を行ってきたオーナーにとっても安心の制度と言えるでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する