サークルKサンクスのフランチャイズと加盟条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

サークルKサンクスのオーナーになるには、フランチャイズ加盟の条件や本部に支払うロイヤリティ、収入などを確認しましょう。サークルKサンクスのフランチャイズについて紹介します。

1.サークルKサンクスのフランチャイズ

サークルKサンクスのフランチャイズの仕組みやサポートについてご紹介します。

1-1.サークルKサンクスのフランチャイズの仕組み

サークルKサンクスのフランチャイズは、契約タイプが2種類。土地と建物をオーナーが用意するか、本部が用意するかを選べます。年齢は20歳以上65歳以下で、パートナーと2人で専業できる方が対象です。契約期間は10年となっています。

1-2.サークルKサンクスの店舗経営バックアップとは?

店舗運営、人材育成、商品戦略、店舗総合情報システムなど、開業後も経営に安心なバックアップ体制があります。

2.サークルKサンクスのフランチャイズに加盟するには

サークルKサンクスの初期費用やロイヤリティ、オーナーになるまでをご紹介します。

2-1.最初にかかる費用は

サークルKサンクスのフランチャイズに加盟する際の初期費用は、成約預託金250万円が必要です。

  • 開業準備手数料 50万円(消費税別)
  • 教育研修費(2名分)30万円(消費税別)
  • 加盟金 50万円
  • 商品買取代金の一部 120万円

その他の費用として約470万円がかかります。

  • 許可申請費 約20万円
  • 商品買取代金 約300万円
  • 備品、消耗品 約150万円

※建築費・内装費、店舗賃料を除きます。
※別途、2~3ヶ月の生活費が必要です。

2-2.ロイヤリティとは?

ロイヤリティは、売上総利益に各パーセンテージをかけて計算しています。
土地と建物ありのオーナーは月間総売り上げが600万円未満なら30%、土地と建物を本部が用意したオーナーは月間総売り上げが240万円未満なら37%のロイヤリティです。

<サークルKサンクスがお店を用意する場合(SC3)>
売上総利益 240万円未満部分 37%
売上総利益 240万円以上~340万円未満の部分 57%
売上総利益 340万円以上の部分 62%

<オーナー自身がお店を用意する場合(SA3)>
売上総利益 600万円未満部分 30%
売上総利益 600万円以上750未満部分 19%
売上総利益 750万円以上の部分 14%

2-3.サークルKサンクスオーナーになるまでの流れ

サークルKサンクスのオーナーになるには、下記のステップを踏むのが一般的です。

  • 加盟相談会の参加
  • フランチャイズ契約の説明
  • 検討期間
  • 加盟の申込み
  • 物件紹介
  • 検討期間
  • フランチャイズ契約締結
  • オーナー研修
  • 開店準備
  • 開店

上記が、サークルKサンクスのオーナーになるための手順となります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

SNSで共有する