ファミリーマートのフランチャイズ経営について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人とのつながりをコンセプトにしたファミリーマートでは、「あなたと、コンビに、ファミリーマート」というコーポレートメッセージのもとに、現在では国内に約16,000店舗(2019年4月30日現在)。そんなファミリーマートにおけるフランチャイズの仕組みを紹介します。

1.ファミリーマートのフランチャイズ

ファミリーマートのフランチャイズ加盟の概要を紹介します。

1-1.ファミリーマートフランチャイズの仕組み

ファミリーマートのフランチャイズでは、1FC-A、1FC-B、1FC-C、2FC-Nの4つの契約タイプが用意されています。
2FC-Nには「一部融資制度」があり、加盟金50万円と開店準備手数料100万円、元入金150万円の3つ合計300万円を本部から融資してもらうことができます。(全て税別)

1-2.ファミリーマートの経営サポート体制

ファミリーマートの加盟店は、総収入最低保証や24時間営業奨励金、什器・情報機器の貸与などのサポートを受けられます。研修体制が整っており、分からないことを相談できるスーパーバイザーもいます。

2.ファミリーマートのフランチャイズに加盟するには

フランチャイズ加盟をする際に知っておきたい費用や流れについてご紹介します。

2-1.最初にかかる費用は

ファミリーマートのフランチャイズに加盟する際に必要な初期費用は、300万円かかります。

  • 加盟金50万円(別途消費税)
  • 開店準備手数料100万円(別途消費税)
  • 元入金150万円

合計300万円が必要となります。
※その他、生活費2~3ヶ月分を準備しておくのが一般的です。

2-2.ロイヤリティとは?

ファミリーマートのロイヤリティは、本部フィーと言われており、営業総利益※に各パーセンテージをかけて計算しています。
※営業総利益=商品総売上高-売上原価+営業収入

<ファミリーマートが土地・建物を用意するタイプ>

    • 内装工事費用をオーナーが負担する場合(1FC-C)

月額営業総利益 300万円以下の部分 59%
月額営業総利益 300万1円を超え、450万円以下の部分 52%
月額営業総利益 550万1円以上の部分 49%

    • 内装工事費用を本部が負担する場合(2FC-N)

月額営業総利益 300万円以下の部分 59%
月額営業総利益 300万1円を超え、550万円以下の部分 63%
月額営業総利益 550万1円以上の部分 69%

<オーナーが土地・建物を用意する場合>

    • 内装工事費用をオーナーが負担する場合(1FC-A)

月額営業総利益 250万円以下の部分 49%
月額営業総利益 250万1円を超え、350万円以下の部分 39%
月額営業総利益 350万1円以上の部分 36%

    • 内装工事費用の一部を本部が負担する場合(1FC-B)

月額営業総利益 250万円以下の部分 52%
月額営業総利益 250万1円を超え、350万円以下の部分 42%
月額営業総利益 350万1円以上の部分 39%

2-3.ファミリーマートオーナーになるまでの流れ

ファミリーマートのオーナーになるためには、一般的に下記のようなステップを踏みます。

  • 相談、説明会
  • ファミリーマート・フランチャイズシステムの概要説明
  • 加盟申込
  • 候補物件確認
  • 立地調査報告書・損益モデルなどの情報提供
  • 面談・審査
  • フランチャイズ契約の説明
  • フランチャイズ契約の締結
  • 店舗工事(1FC-Cのみ)
  • オープン前店長研修
  • オープン前開店準備
  • セレモニー(開店)

上記がファミリーマートのオーナーになるための手順となります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2019年6月10日

SNSで共有する