全国にあるローソンの店舗数をランキング形式で見てみましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

全国に出店しているローソンの店舗数を大手コンビニ3社と比較し、都道府県別にランキング形式でご紹介します。
ローソンのフランチャイズに加盟を検討されている方は、自身の地域にどれぐらいの店舗があるのか?参考にしてみましょう。

1.ローソンの店舗数ランキング

ローソンは、全都道府県に出店しています。大手コンビニチェーンのなかでも一番早く全国へ出店しました。ここではローソンを軸に、セブンイレブン、ファミリーマートの店舗数をランキング形式でご紹介します。

1-1.各社の店舗数が多い都道府県は?

東京都の各社店舗数
・ローソン1,535店舗
・セブンイレブン2,419店舗
・ファミリーマート1,994店舗
※2016年2月末時点

各社の店舗数が多い都道府県は「東京都」です。
3社ともに1500店舗以上あり、コンビニは社会のインフラであると同時に都内のインフラとも言える存在です。

各社の2位の都道府県と店舗数
・ローソン 大阪府 1,010店舗
・セブンイレブン 神奈川県 1,332店舗
・ファミリーマート 大阪府 1,107店舗
※2016年2月末時点

各社2位の店舗数が多い都道府県を見ると、ローソン、ファミリーマートは大阪府の関西圏、セブンイレブンは関東圏になります。
ローソンは1974年、大阪府の豊中市に1号店を開店し、その後、神戸・近畿地方を中心に店舗数を増やしてきたことが起因しているかもしれません。

また、ローソンの総店舗数は2016年2月末時点で、約12,000店舗です。都道府県別で見ると、店舗数のランキングトップ10はどうなっているのでしょうか。

1位 東京都 1,535店舗
2位 大阪府 1,010店舗
3位 神奈川県 835店舗
4位 兵庫県 640店舗
5位 北海道 628店舗
6位 愛知県 581店舗
7位 埼玉県 532店舗
8位 千葉県 464店舗
9位 福岡県 447店舗
10位 京都府 322店舗

ローソンは東京をはじめとする主要都市に全て出店しており、2011年に10000店舗を出店してから

2011年 約10500店舗
2013年 約11000店舗
2014年 約11600店舗

と着実に店舗数を伸ばしています。

1-2.大手コンビニチェーン3社の全国の店舗数

大手コンビニチェーン3社(ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート)の全国の店舗数を比較します。

・ローソン 12,395店舗
・セブンイレブン 18,572店舗
・ファミリーマート 11,656店舗
※2016年2月末時点

それぞれのチェーンが出店する地域の分布に偏りがあります。
前述したとおり東京都への出店は大手コンビニチェーン3社とも一番多く出店していますが、ローソンは関西圏や東北に、セブンイレブンは関東や甲信越、ファミリーマートは関東や沖縄に多くの店舗を出店しています。
ローソンとファミリーマートは全都道府県に出店していますが、セブンイレブンは沖縄への出店がありません。
地域ごとに店舗数が異なるため、今後フランチャイズ加盟を考えている方は、自身の県でどれぐらいの店舗数があるのか把握しておきましょう。

ローソンのフランチャイズオーナー大募集中!
<よく分かる“説明会情報”はコチラ>

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年6月5日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する