ペットショップを独立開業する際には何がポイントなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ペットの需要は拡大しています。核家族化の進行やペット可の物件が増えたということもその背景にあり、ペットショップの将来性は高いと言われています。しかし、命を扱う仕事ですからしっかりとした責任感を持って対応しなければなりません。
今回は、ペットショップを独立開業する際に知っておきたいポイントについて見ていきましょう。

1.ペットショップの独立開業について

ペットショップの開業には動物取扱責任者を配置させなければならないことの他に、各種手続きも必要です。やるべきことが多いので、一つ一つ着実にこなしていきましょう。

1-1.ペットショップの独立開業までの流れ

ペットショップの独立開業時には「動物取扱業」の登録をする必要があります。
登録の際は保健所へと申し込みます。その際に、取り扱う動物の種類や数、飼育施設の構造や規模、付近見取図、そして動物の管理方法等を提出しなければいけません。また、ペットの仕入先を確立することも大事です。なお、これらの必要事項は都道府県により異なりますので、事前に管轄の役所に確認しましょう。

ペットの仕入先にはブリーダーやオークション、専門業者などがあります。特に小規模のペットショップであればブリーダーから仕入れるだけでも大丈夫ですが、それなりに大きなペットショップだとオークションや専門卸業者も活用していくことになるでしょう。また、ペットショップでお金をかけたいのが内装です。ペットがどれだけ魅力的でも内装が不十分だと購入に結びつきません。ペットがより一層かわいく見えるような明るい内装にする、など工夫する必要があります。

1-2.ペットショップを独立開業する際のポイント

ペットショップ開業時には、常勤の動物取扱責任者を配置しなければいけないという決まりがあります。この動物取扱責任者は資格ではなく一定の条件を満たした方であれば登録可能です。条件としては、「動物取扱業の経験が半年以上あること」、「取り扱う動物取扱業について一年間以上教育する学校法人などを卒業していること」、「愛犬飼育管理士などの動物取扱業に関する資格を取得していること」といった3つがあり、このどれかを満たせば動物取扱責任者として登録することができます。
最も手軽なのは最初の条件ですが、この動物取扱責任者はペットショップに一人いれば十分なので、自身で登録せず最初から動物取扱責任者を雇う、という方法もあります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu