ペット好きに朗報!人気のドッグカフェで独立開業するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドッグカフェは飼い主と飼い犬の両方が楽しめるカフェです。犬や猫などのペット人気が以前にも増して加熱している昨今、このようなカフェも徐々に増えてきています。ドッグカフェで独立開業する際には、どういったことに気をつけておかなければならないのでしょうか。

1.ドッグカフェの独立開業について

ドッグカフェとはいえ、飲食をするカフェであることには変わりありません。
そのため、開業時には飲食店営業許可、もしくは喫茶店営業許可が必要になります。
また、飲食店では食品衛生責任者も必要となります。この食品衛生責任者は栄養士や調理師などの資格を持っていればなれますが、もし、こうした資格をもっていなくても、1日講習を受けることで取得することができます。
申請は保健所にて行い、立ち入り調査に1週間ほどかかる場合もあるため、開業の約2週間前には申請しておきましょう。

1-1.独立開業までの流れ

まず、店舗の立地を決める必要があります。
ドッグカフェのメインターゲットは、飼い犬と一緒に来るお客さんです。そのため、散歩のついでにカフェに来店するお客さんのことを考えると、付近に公園や広場がある場所が良いと言われています。その地域のペットの飼育動向なども調べておきましょう。

また、ドッグカフェの開業時には、換気システムや防臭タイルなどドッグカフェならではの設備が必要です。あくまで飲食をする場所ですから、お客さんに快適に過ごしてもらえるためにも、設備に関するコストは省かないようにしましょう。

1-2.独立開業する際のポイント

ドッグカフェでは、いくつかの派生サービスを提供するのも良いでしょう。例えば飼い犬向けのドッグフードやペット用の服、リードなどを販売するのはオススメです。これらは利益を上げやすいだけでなく、ペット用品を購入するという目的でドッグカフェに来てくれる人も増える可能性があります。

また、最近では犬と飼い主のための交流サロンやしつけ教室を併設しているところも増えているようです。このような派生サービスは、他のドッグカフェと差別化を図る上でも有効な手段です。店舗のスペースに余裕を持たせ、カフェ目的で来られる方がゆっくり過ごせる一方、空いたスペースでさまざまなサービスを提供すると売上向上に繋がります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する