独立を目指すなら知っておきたい美容室フランチャイズの特長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

腕一本で勝負するイメージの強い美容室業界ですが、実はフランチャイズの加盟店も多いのが特長です。
フランチャイズでの開業にはデメリットもありますが、個人の力だけでは難しい開業もフランチャイズの力を借りることで成功率を大きく向上させることが出来るでしょう。
経営を成功させるためにも事前にしっかりと経営戦略を立案し、メリットを最大限生かせるように備えておくことが大切です。
今回は、フランチャイズによる美容室経営の特長についてご紹介します。

1.美容室のフランチャイズについて

美容室フランチャイズの特長を一言で説明すると、「スタートは易しく、維持は難しい」でしょう。独立開業をする際に一番苦労するスタートアップで手厚いサポートが受けられるのは大きな魅力ですが、経営を維持していくのはそう簡単ではありません。
フランチャイズの特性を踏まえて経営計画を立て、安定した業績を確保できるバランスの良い経営を目指しましょう。

1-1.フランチャイズへの加盟条件

フランチャイズの加盟条件はフランチャイズチェーンごとに決められています。
一般的には本部が定める指定の加盟金の支払いと、規定に基づいた店舗の準備が必要になります。
その他にも本部が定める研修を受講し、一定のサービス技術を修得するなどが条件になることがあります。本部のアドバイスに従い一定基準を満たしたうえで営業開始が許可されます。

店舗の立地に関しては、既存の店舗を利用して開業するケースもありますが、本部のノウハウに従って物件探しからスタートすることもあります。自由度こそあまり高くはないものの、確立された立地調査のノウハウを利用できるというのは非常に魅力的です。

1-2.美容室開業におけるフランチャイズの仕組み

美容室フランチャイズの仕組みは売上の一定割合を本部に納める、もしくは一定の金額を納めるロイヤリティ制度となっています。
ロイヤリティの割合はフランチャイズごとに変わります。初期費用の金額や本部のサポートの内容により変化し、開業資金が少ない場合や、手厚いサポートを提供している場合は、その分がロイヤリティや協力費として多くかかる傾向があります。
資金と運営能力のバランスを考慮して、適切なフランチャイズ本部を選択しましょう。

ロイヤリティの負担は少なくはありませんが、開業支援や技術指導、ノウハウサポートなどの内容を考えれば決して高くありません。美容室は安心感で選ばれることが多いので、フランチャイズのブランド力を利用できるのは大きなメリットです。仕入れルート等もフランチャイズ本部が用意したものを利用でき、雑事に煩わされず美容室経営に専念しやすいのが、最も大きな魅力でしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する