接骨院の開業資金は設備と損益分岐の設定によって大きく異なる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

接骨院は設備がそれほどなくても始められるのが魅力ですが、治療器具を充実させればそれだけ患者の回転効率を上げることでき、売上アップが望めます。
「最終的にどれだけの利益を上げたいのか」で、初期費用が異なってくるため、損益分岐点をどこに設定するかが重要になってくるでしょう。

1.接骨院の開業資金について

開業時の店舗選びと機器の調達方法で開業資金は異なります。客足の流れを予測し、立地に合わせた設備を整えることが重要です。

1-1.整骨院における開業資金

接骨院の開業でまず考えなければいけないのが事業計画です。どれだけの人と設備を用意するかで、基本となる開業資金が異なってきます。個人経営であればスペースも小さく、ベッドの数も設備費用も抑えることができますが、その分利益は小さくなります。駅前などの一等地に大きく店舗を構える場合、人手を雇って回転率を上げることは可能ですが、その分の着実に収入を増やしていかなければ、院の賃料や税金の支払いがかさんでしまいます。

開業資金を用意するだけでなく、投資回収を実現する事業計画を描く経営能力が重要になってきます。この経営能力が自分で補えない場合には専門のコンサルタントなどの力を借りながら経営をしていくことになります。
こうした姿勢や明確な事業計画によって、銀行から開業資金を借りられるかどうかが左右されます。銀行以外にも日本政策金融公庫という国の機関から借りる方法もありますが、こちらも事業計画は必須となります。

初期費用の開業資金が大きくかかれば、それだけ運用にかけられるお金も少なくなります。損益分岐点まで安定した経営ができるように、ある程度余力を残した資金設定と立地選びなどが重要になってくるのです。設備の導入についてもリースなどの方法を視野に入れて比較検討をすることが大切です。

1-2.必要な運営資金とは

接骨院の運営資金は多めに用意しておく必要があります。これは健康保険の特質上、レセプトの提出から現金化までに4か月ほど時間がかかってしまうためです。最低でも半年分程度の運営資金を事前に用意しておかないと経営にも影響してきます。順調に患者が入ったとしても収入がない期間があることは、事前に予測しておく必要があるでしょう。

また、人を雇う場合には、人件費もそれだけかかります。人件費は接骨院運営において削減することが難しい費用であるため、しっかりと用意しておく必要があります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する