雑貨屋を成功させるために必要な開業資金はいくらぐらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自分が好きな雑貨を集め、おしゃれな空間で販売する。そんな雑貨屋を開業するまでにはいくつかのステップを踏まなければなりません。
その一つの大きなステップが開業資金の準備です。雑貨屋を成功させるためには、どれくらいの開業資金を用意しておけばよいのか、また、必要となる経費についてご紹介します。

1.雑貨屋の開業資金について

雑貨屋を経営することで、自分の好きなものを多くの人におすすめできる喜びがあります。
ただ、喜びだけで経営はできません。売れる商品をしっかりリサーチし、仕入れなければ経営は難しくなり、自己資金を切り崩して経営しなければいけない事態が起きてしまいます。そのような状況にならないためにも開業資金を含め、雑貨屋の経営に必要となる資金について見ていきましょう。

1-1.雑貨屋で必要な開業資金

開業資金は、できるだけコストを低く設定することが大事なポイントですが、必要な費用にはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、開業資金の内訳についてですが、多くの割合を占めるのが商品の仕入れ代金です。他に店舗内の備品購入費や店舗の改装費、敷金、礼金といったテナント代がかかります。資金が少ない場合には自宅を改装して開業することも可能でしょう。

具体的な開業資金の目安についてですが、小さな店舗の場合は200万円程度と言われています。200万円という金額はさほど調達が難しい金額ではありませんが、あくまで最低限必要になる金額です。さらに多くの資金調達を行いたい場合は、個人経営者に貸し付けを行ってくれる機関が存在します。地方自治体へ行けば、相談に乗ってくれますので、自己資金がない場合には借入先の相談をしてみると良いでしょう。

1-2.雑貨屋の運営資金の内訳は

どの業種にも共通しているのは店舗を運営していくうえで必ず発生する固定費用があります。家賃や人件費、また水道光熱費や通信費、消耗品費などが固定費にあたります。固定費を安く抑えて、自分で把握、管理することで無駄な経費を省くことができます。営業時間を見直して電気代を減らしたり、ラッピングの簡素化をしたりすることで削減を行えるでしょう。

また、雑貨屋の要といえる商品の仕入れにも費用がかかります。仕入れの代金を抑えるには、個人の作家やアーティストから仕入れをする方法もあります。目利きに自信があるのであれば、活用してみるといいでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu