居酒屋のフランチャイズの仕組みを知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

夜の賑わいがあり、店舗ごとに違う顔を見せる居酒屋は、近年も拡大・成長を見せています。その中でも増えているのがフランチャイズチェーンの居酒屋です。
今回は、そんな居酒屋のフランチャイズについてご紹介します。

1.居酒屋のフランチャイズについて

ここでは、居酒屋のフランチャイズのメリットについて解説します。

1.未経験でもできる
フランチャイズで開業すれば、本部の持つ集客や運営管理のノウハウを活用することができます。本部によるサポート体制もあるので不安なく経営することができます。

2.営業に専念できる
集客方法や店舗のコンセプトを一から考える必要がないため、開業後はそのまま営業に専念することができます。

3.ネームバリューがあるため集客しやすい
自分で一から店舗を出すとなると、名前を知ってもらうまでにもある程度の時間と広告費用が必要となります。フランチャイズであればネームバリューがあるため、広告費用を最低限に抑え、集客を見込むことが可能です。

1-1.加盟条件

フランチャイズの加盟条件として何が必要なのでしょうか?
居酒屋に限らず全てにおいて初期費用として加盟金や保証金が必要になります。この初期費用が準備できなければ加盟は難しいと言っていいでしょう。居酒屋の場合、優良な居抜き物件を利用することで開業資金を抑えることができます。自身で物件を用意する場合、物件の費用によって開業資金が異なるので資金に合わせた物件を選びましょう。

フランチャイズに加盟してオーナーとなる場合、調理師の資格や知識が無くても開業できることがメリットの一つです。加盟することで商品の仕入れルートや経営に関するノウハウが提供されます。現在では、独自性がある料理やアルコールなどのメニューを開発していかなければ、新規集客や売上を伸ばすことが難しいこともあり、こうした仕組みを活用できる点は大きなメリットとなります。

1-2.フランチャイズの仕組み

フランチャイズとは、フランチャイズ本部が効率的に店舗網を拡大するための経営戦略の一つであるといえます。加盟者はフランチャイズ本部に対して加盟金や月々のロイヤリティーなどの対価を支払います。対価を支払うことで、フランチャイズ本部から店舗の経営指導を行うスーパーバイザー(指導員)の定期訪問があったり、パッケージされた仕入れルートが提供されたり、経営に関するアドバイスを受けたりすることができます。

未経験からビジネスを始められる仕組みができている事がフランチャイズの最大のメリットと言えるでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu