飲食店のフランチャイズを知って独立開業の参考にしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

日頃の疲れを癒してくれるお気に入りの飲食店はありますか?
忙しい日常のなか、幸せなひとときを演出してくれる飲食店の経営に憧れを持ち、自分でも飲食店を開きたい!と思っている人も少なくないでしょう。
それと同時に、個人で独立開業するのは難しそうだと感じる方もいるでしょう。
今回は、そんな方におすすめの飲食店フランチャイズについてご紹介します。

1.飲食店のフランチャイズについて

まず、飲食店のフランチャイズのメリットについてご紹介します。
個人で一から独立開業する場合と異なり、フランチャイズは本部で一括して大量仕入れをすることが多いです。そのため、本部が独自に開拓した仕入れ先から、材料を安く仕入れることができます。また、個人では仕入れの難しい食材などを仕入れることができるというのも、フランチャイズの大きなメリットです。

1-1.飲食店フランチャイズの加盟条件

飲食店のフランチャイズに加盟するには、加盟条件を満たさなければなりません。
まず、第一条件として加盟金の支払いが必要です。加盟金についてはフランチャイズごとに規定が設けられており、フランチャイズによってはロイヤリティと呼ばれるノウハウの指導料、その他、開業時に研修費が必要な場合もあります。
また、ロイヤリティの支払いも「売上の何パーセント」や「店舗の広さに応じて」といった条件で決定されます。

開業資金は、小規模店の場合、700万円から1,200万円くらいが目安になりますが、店舗業態や規模、出店場所により金額は異なります。

1-2.フランチャイズの仕組み

フランチャイズに加盟した場合、本部から店の看板や商品、経営ノウハウが提供されます。加盟者はその対価を支払い、看板や商品、経営ノウハウを活用して経営することができます。この関係によって、本部は店舗拡大の実現、加盟者は自らの開業における成功確率を高めることができます。
例えば、飲食店のフランチャイズの場合、よく知られているチェーンのフランチャイズに加盟すれば、お店の名前がある程度知られているため、開業前の宣伝に力を入れる必要もそれほどなく、集客には困らないでしょう。
また、各種システムをはじめ、集客・既存顧客網、仕入れ、調理から接客、運営、トラブルマネジメントまで経営ノウハウがパッケージ化されているため、初めて開業する方でも不安を感じることなく利益を出しやすいのも大きなメリットです。
自分で飲食店を経営してみたいけど、未経験で不安だという人は、フランチャイズで独立開業することも選択肢に入れてみると良いでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu