セブンイレブンの開業資金はいくら必要?その内訳と資金調達の仕方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

セブンイレブンのフランチャイズに興味がある方でも、開業資金について詳しく知らない方は少なくないでしょう。今回は、そんな方のためにセブンイレブンの開業資金について、また、フランチャイズに加盟する際に必要な加盟金の内訳について、詳しくご紹介します。

1.セブンイレブンの開業資金

知識や経験がなくても始められることや、利用者のニーズが増えていることを背景に、コンビニフランチャイズは変わらず独立検討者に人気の業種です。セブンイレブンは大手コンビニチェーンと言われるだけあって、加盟を検討する方も多いようです。では、実際にセブンイレブンのフランチャイズで開業するとなるとどのくらいの資金が必要なのでしょうか?

1-1.開業にかかる資金

セブンイレブンとフランチャイズ契約を結び、開業するには、開業資金が最低でも300万円程度必要です。開業資金は、自身が土地・建物を用意するか、本部が土地・建物を用意するか、契約タイプによって異なります。自分がどのタイプの契約をしたいのか、あらかじめ見当をつけて資金の準備を始めましょう。

次に、具体的な契約タイプごとの開業資金と開業資金の内訳、その他にかかる資金がどれくらい必要なのかをご紹介します。

契約タイプによって異なる開業資金

セブンイレブンのフランチャイズ契約には2つの契約タイプがあります。開業資金はその契約タイプに基づき提示されます。

セブンイレブン(本部)が土地・建物を用意するCタイプ

Cタイプは本部が土地と建物を用意してくれるので、低資金で開業することができます。
加盟金250万円が必要でその他に引越しの費用や生活費の予備として150万円程度用意することが推奨されているで、開業資金は400万円程度が必要になってきます。加盟金の内訳は以下の通りとなっています。

加盟金・・・250万円(税抜)
(内訳)研修費・・・100万円
開業準備手数料・・・50万円
開業時出資金・・・100万円

契約者(オーナー)が土地・建物を用意するAタイプ

既に土地・建物を持っている場合や用意ができる場合はAタイプの契約ができます。
加盟金が300万円とCタイプに比べ高く設定されていますが、セブン-イレブン・チャージ(ロイヤリティ)がCタイプよりも低く、収入が高くなります。既に建物があるので引越し費用もかからない場合が多いので、Cタイプとほぼ同額の開業資金となるかもしれません。

 加盟金・・・300万円(税抜)
(内訳)研修費・・・100万円
開業準備手数料・・・100万円
開業時出資金・・・100万円

開業資金の集め方

開業資金を用意するには、自分の手持ちのお金ではまかなえない場合もあります。その場合は「融資」を受けることで開業資金を調達します。一例として日本政策金融公庫の「新創業融資制度」を紹介します。

日本政策金融公庫の「新創業融資制度」を利用

新創業融資制度は無担保・無保証で許認可前でも受けることができる融資です。フランチャイズで独立する場合はこの制度がおすすめです。

<<新創業融資制度>>
融資限度額・・・3,000万円(運転資金として1,500万円)
返済期間・・・設備資金15年以内(据置期間2年以内)
運転資金5年以内(据置期間1年以内)

まとめ

開業資金はコンビニを開業する上でどのコンビニ本部に加盟するかの選択基準の一つです。セブンイレブンでは400万円程度でしたが、他のコンビニ本部の条件や制度によって必要な開業資金は異なります。開業資金をどれぐらい用意できそうかだけではなく開業後のサポート制度やロイヤリティなど総合的に検討しながら加盟するコンビニ本部を選びましょう。

<<コンビニ本部の説明会一覧はこちら>>

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年9月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu