セブンイレブンに加盟するために必要な条件を知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

セブンイレブンの加盟店オーナーになろうと思っても、誰しもがなれるわけではありません。年齢や出店場所のほか、どんな条件があるのか確認する必要があります。
今回は、セブンイレブンの加盟条件を詳しくご紹介します。

1.加盟の条件や契約について

セブンイレブンのフランチャイズの加盟条件や契約には細かい取り決めがあるので、見落とさないようにしましょう。

1-1.年齢について

フランチャイズに加盟できる年齢は、2016年5月時点では、上限が60歳以下の方を対象にしています。下限は特にありませんが、56歳以上の場合や別世帯の方と共に始める場合は、資金面や店舗運営について条件があるため注意が必要です。
契約段階では、40代の方が最も多いです。

1-2.専任の従事者について

加盟する場合はオーナーさえいれば良い、というわけではなく、共に店舗経営に専念できる2名で従事することが条件となります。(夫婦、同一世帯の親子・兄弟・姉妹等)

1-3.住まいについて

フランチャイズ契約を結び、店舗を立ち上げる場合、店舗の近くに引越す場合があります。1階のみ店舗で上はマンションタイプになっている建物であれば、同建物に居住する等などです。

1-4.加盟の契約期間

セブンイレブンの契約期間は、15年間と定められています。その後更新することも可能です。やむを得ない事情で中途解約をする場合は、基本的に中途解約金をフランチャイズ本部に支払わなければなりません。先々のことまで見据えたうえで契約を検討するようにしましょう。

1-5.土地、建物の所有について

一般的な契約タイプとして、自身が所有している土地・建物を利用するタイプと本部が土地・建物を用意するタイプがあり、契約タイプによってセブン-イレブンチャージと言われるロイヤリティや水道光熱費・不良品原価の負担などの契約内容が異なります。

1-6.どのエリアでも募集しているの?

現在すべての都道府県でフランチャイズ募集を行っているわけではありません。
2016年5月時点で、沖縄県は店舗自体が未出店です。その他の地域では募集をしていますが、出店場所は自身の希望をもとに、本部が候補物件を案内して検討する形を取っています。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する