たこ焼き屋の開業資金は少額で済むこともある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

たこ焼き屋は飲食店の中でも必要な道具や設備が多くなく、開業資金が比較的少なく済むことが特長です。特に移動が可能な屋台形式であれば100万円を割り込むケースもあるほどです。店舗型の場合は改装費や家賃などが上乗せされますが、人通りが良い場所であればひっきりなしにお客さんが訪れる可能性もあり大きなチャンスに繋がります。

1.たこ焼き屋の開業資金について

たこ焼き屋の開業資金は屋台形式であれば数百万円、改造に適した車を持っていれば100万円以下で改造できる場合もあります。店舗型であればしっかりとした事業計画を立てなければ銀行などから融資を得られないこともあるので事前にしっかりと計画を立てておくことが必要です。

1-1.たこ焼き屋の開業資金

たこ焼き屋の開業は比較的有名であり、開業資金の節約方法や資金調達の方法も数多く出回っています。特に人気なのが移動式の車両を使った屋台形式です。店舗型はヒットすれば大きく売上が伸びる可能性がありますが、人通りの流れが変わった時に急に売上が落ちるという弱点があります。
自由に移動できる屋台形式は自治体や土地の使用許可さえ得ることができれば原則どこでも営業が可能になります。
車両の改造も基本的な設備が決まっていることが多く、車両を最初から揃えても数百万円で済むため、他の飲食業と比べても敷居が低くなっています。イベントやお祭りなどの売れるタイミングに出店することができる点も車両を使った屋台型のたこ焼き屋の魅力です。

1-2.たこ焼き屋の運営資金

たこ焼き屋の運営資金は比較的少額に抑えることができます。
屋台型であれば車の維持費や車検の費用、消耗品とたこ焼きの原価程度です。そのため、場所の確保などで手間を取らない限りは運営資金に困るケースもそれほど多くはないでしょう。
店舗型の場合、店舗の維持費や人件費がかかってくるため運営資金が増えます。それでも、広いスペースも必要ありませんし、飲食店の開業としてはかなり少ない資金で運営することが可能です。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する