焼き鳥屋を開業する際に必要な開業資金はどれくらいかかるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

焼き鳥屋は飲食店の中では開業資金がそこまでかからない業種です。しかし、そうは言っても数百万円以上はかかります。事前に開業資金を把握しておくことは、独立開業においてとても大切です。
まずはこの開業資金について詳しく調べておきましょう。

1.焼き鳥屋の開業資金について

独立開業したいと思った時、早めに調査しておきたいのが開業資金についてです。焼き鳥屋の独立開業時には、設備の他にもさまざまな費用がかかってきます。例えば保証金や仲介手数料などが含まれる物件取得費、厨房機器費や看板施工費、備品費などを含む設備費などです。さらに広告費など、気にかけておきたい項目は沢山あります。

1-1.焼き鳥屋の開業資金

焼き鳥屋の開業資金の平均は600万円ほどです。これは店舗の規模やスタイルによっても変わってきますが、余裕をもって1,000万円程度を用意する必要がありそうです。開業資金の内訳としては物件取得費用が最もかさみます。物件取得費としては、300万円程度は見積もっておきたいところでしょう。特に敷金がかかるので注意したいところです。また、他にも焼き鳥屋ならではの厨房機器などの設備費もかかります。通常の飲食店の店舗では焼き鳥屋が開業できないこともあるくらい、焼き鳥屋は煙が大量に発生するので、排煙工事をしなければいけないことがあります。この開業資金に加えて、開業後も店舗の運営と生活がしていけるように予備として300万円ほど用意しておくと、スムーズに開業ができるでしょう。

1-2.焼き鳥屋の運営資金

焼き鳥屋の開業にはこのように様々な費用がかかってきますが、開業後の運営資金についても知っておきましょう。開業後、すぐに収益が上げられるという保証は何もないので、運営資金は充分に蓄えておく必要があります。
運営資金には、店舗の家賃やガス、水道光熱費に鶏肉や野菜、その他材料などの仕入れ費、また広告費や雇っている従業員の人件費などもそれに含まれます。

運営に不安がある、投資をしたい、といった時に頼れる銀行や制度もいくつかあるため、忙しくなる前に一度調べておくのもよいでしょう。また、焼き鳥屋は屋台や移動販売でのビジネスもできますので、そうしたスタイルでの開業を考えてみてもよいでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu