エステサロンで独立開業するのに必要な開業資金とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エステサロンは、美容への意識がある方はもちろん、癒やしや気分転換としてリフレッシュするために利用する方もたくさんいます。エステサロンは自宅やマンションの一室で開業することもでき、比較的少ない資金での開業も可能なビジネスです。

1.エステサロンの開業資金について

個人の自宅でエステサロンを開業する場合、あらたに店舗を設けることがないため低資金での開業が可能です。
脱毛や脂肪吸引など専用機器が必要な施術を行う場合には、機器自体が高価なため、より多くの開業資金が必要となります。

1-1.はじめにかかる開業資金

内装やインテリアにどの程度凝るのかにもよりますが、自室をエステサロンにする場合、必要最低限の物だけで考えると30~50万円程度で開業できます。エステ機器はもちろん、化粧品やタオルなどの消耗品にエステ用ベッドやドレッサーなどの備品があれば良いでしょう。
痩身機器や脱毛機器などの高額な美容機器を使ったメニューを最初から取り入れると開業資金も高くなりますので、自宅でエステサロンを始める場合は少額で始められるメニューから経験を積み、着実にステップアップしていくことをお勧めします。

マンションなどの部屋を借りて開業する場合は、敷金や手数料などの費用も必要となります。加えて自宅の場合と異なり、家具や照明器具、冷蔵庫、洗濯機などの備品も別途揃えなければなりませんので、50~100万円程度は開業に必要と考えると良いでしょう。

1-2.エステサロンの運営資金

エステサロンを自宅で開業する場合は、開業資金が少なくて済むというメリットがある反面、立地による集客が難しいという集客面でのデメリットがあります。

自宅開業の場合、例えば目立つような看板を設置しづらいため、サロンの前を通る人を集客できる、ということは少ないでしょう。
口コミなどで集客ができればいいのですが、最初は顧客数も少なく口コミの効果は期待しづらいため、何もせずに人が集まってくることは難しいでしょう。開業資金が少ない分、集客に時間と手間、費用をしっかり取ることが大切です。宣伝広告費として10万円程度は見ておきましょう。チラシやホームページ、広告媒体を利用して集客することも大事です。
少しでも費用を抑えたいのであれば、自身でチラシを作りポスティングをするのも良いでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する