ラーメン屋を始めたい!思いを形にするために大事な開業資金のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

飲食業の中でも人気の高いジャンルのひとつ、ラーメン屋。行列のできるラーメン屋に憧れ、ラーメン屋の開業を目指す人も多いですが、想いだけでは開業できません。開業し、店舗を維持していくための資金も必要になってきます。実際にはどれほどの開業資金がかかってくるものなのでしょうか。今回は開業資金、運営資金について見ていきましょう。

1.ラーメン屋を開くための開業資金について

開業資金は自分で貯めるほか、必要な場合には銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受けることもできます。金融機関から融資を受ける場合でも全額借りるのではなく、半分以上は自己資金で工面するべきでしょう。
それでは、ラーメン屋の開業にかかる資金について見ていきましょう。

1-1.ラーメン屋を開くのに必要な開業資金

ラーメン屋の開業資金は、どんなに節約しても500万円程度は必要になってきます。もちろん、土地代の高い都市部で開業する、内装を豪華にするという場合はさらに初期費用が増すことを覚悟しなければいけません。具体的には、内装工事代が45万円程度、厨房用品が90万円程度、広告費用が10万円程度、椅子などの備品が5万円程度、不動産取得費が45万円程度、看板代が40万円程度となっており、その他にフランチャイズとして店舗を開業する場合には、加盟金として平均250万円程度かかってきます。
このように、開業する際には、まとまった資金が必要です。しっかりと検討し、最終的な開業資金を把握しておきましょう。

1-2.オープン後の運営資金

ラーメン屋を開業した後の運営資金についても押さえておきましょう。
テナントを借りたり従業員を雇ったりしている場合は、毎月の賃料や人件費、それに加えてスープや麺類といった食材購入費や各種消耗品の購入など、さまざまな費用がかかってきます。
ラーメン屋を開く方で開業資金はなんとか工面できても、この運営資金をまかなえずに廃業に追い込まれたというケースも少なくありません。
開業する際には、運営資金についても十分に検討し、しばらくは赤字でも余裕を持たせられるぐらいの額を蓄えておきましょう。
目安は、売上が見込みの半分でも半年程度生活ができる金額です。ラーメン屋では、売上が見込み通りにいかないこともしばしばです。地域にもよりますが、ラーメン屋の競合はたくさんあります。もしものことを考え、売上が目標通りにいかない場合でも、店舗の継続をできるようにしておきましょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する