知らないと損をするクレープ屋で独立開業する際のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

クレープ屋の独立開業は増加しています。それだけ成長が期待される分野であるということと共に、クレープ屋は未経験でも独立開業できるところも魅力なのでしょう。クレープ屋のビジネスは、店舗での営業や移動販売車での販売など、色々な形態があることもポイントです。今回はクレープ屋で独立開業するコツやポイントを見ていきましょう。

1.クレープ屋の独立開業について

クレープ屋の独立開業の際には店舗形態だけでなく、移動販売車を利用してクレープを販売する形が増えています。移動販売車での開業は、店舗の維持費が不要なことがメリットです。また、その他に、人件費が少ないことと、どこへでも顧客を求めて移動することができ、販売する時間や場所を変えることができる点が人気の理由です。

1-1.クレープ屋を開業するまでの流れ

クレープ屋で独立開業する際には、フランチャイズを利用するのが便利です。
フランチャイズに加盟することで、研修から仕入れまで色々な支援を本部から受けられます。フランチャイズに加盟するためには、まず面接や審査をクリアしなければなりません。その後、研修が始まります。研修では技術や店舗運営だけでなく、経営に関することも学ぶことができます。
また、本部では、出店場所の選定を行ったり、移動販売車を貸与していたりするところもあります。
開業するには、資金をどう調達するかも重要です。資金についてもフランチャイズ本部に相談できるので、心強いです。また仕入れなどを代行してくれるなど、開業後のサポートがあることも利点でしょう。

1-2.クレープ屋を開業する際のポイント

クレープ屋で独立開業する際に、メニューをしっかりと考えておくことはとても重要です。クレープ屋で差別化をする際に大事なのが、まさにこのメニューのラインナップなのです。メニューは菓子系や惣菜系など、さまざまなものがありますが、できれば「あのクレープ屋に行かないと食べられない」といった店舗独自のメニューがあると良いでしょう。
また、クレープ屋を開業する場所も重要です。クレープ屋でメインとなるターゲットは、学生をはじめとした若年層と言われています。こうしたメインターゲットが多く集まりそうな場所で開業することも、戦略の一つです。
そうすることで、販売のチャンスが広がり、売上も見込みやすくなるでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu