ネイルサロンで独立開業する場合、開業資金はどれくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ここ数年、女性だけでなく男性を含め、ネイルサロンに通う人の数は増え続けています。ネイルサロンは比較的狭いスペースで施術ができるので、自宅やマンションの一室で開業できます。
つまり、低資金で自分のネイルサロンをオープンすることができるということです。
ここでは、ネイルサロンを開業する際に必要な開業資金についてご紹介します。

1.ネイルサロンの開業資金について

ネイルサロンには大きく分けて自宅タイプと店舗タイプがあります。
自宅タイプは自宅の一室をサロンとして利用するため、店舗用物件を探す必要がなく、内装や外装にかかる費用も抑えられるので、あまりお金をかけずに開業したい人に向いています。一方、店舗での開業となると、費用はかかってきますが、外装や内装、机や椅子など細部までこだわった店舗作りができます。

1-1.ネイルサロンの開業資金

自宅タイプのネイルサロンは、自宅の一室やマンションを別途借りてネイルサロンとして開業します。
自宅の一室を使う場合、場所代は掛かりません。マンションを借りる場合もテナントに比べて安い賃金で借りることができます。
マンションの賃料や必要な内装によってもバラつきが出ますが、ほとんどがネイル用の道具・材料費なので、開業資金は自宅の一室を使う場合で50万円~、マンションを借りる場合で100万円程度となると言われています。
このように自宅タイプの場合はコストを低く抑えられます。

次に、店舗タイプのネイルサロンとは、その名の通り店舗として開業します。こちらは自宅タイプに比べて開業資金が多く必要になります。
テナント賃料も高くなりますし、内装だけでなく看板や店舗の外装などにも費用がかかります。
店舗の場所によっても差がありますが、開業資金の目安は郊外で300万円~、繁華街や駅の近くの場合は1,000万円前後で考えておいた方がいいでしょう。
比較的開業しやすいネイルサロンですが、店舗タイプで開業するのであれば、ある程度まとまった資金が必要となります。

1-2.ネイルサロンの運転資金

ネイルサロンを開業しても、初めから集客が見込めるわけではありません。最初は友人や家族などに頼ることも、集客のための大事な手段です。軌道に乗るまでの時期は、まとまった運転資金を準備しておく必要があります。
運転資金の内訳としては、店舗維持費(光熱費、家賃)、人件費、電話代、プロバイダー費、ネイル商材の仕入れ費用などが主なものです。
安定した集客には時間がかかるため、ある程度、宣伝広告費を準備しておく必要もあるでしょう。

お客さんが増えてくるまで、運転資金は節約し最低限の資金で運営できるよう、計画をしっかり立てて開業するようにしましょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する