パン屋をオープンするのに開業資金はいくら必要なのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

パン屋を開業するにあたっては、おいしいパンを作る技術だけでなく、十分な機器や店舗設備、商品陳列スペースなどの広い敷地が必要です。
今回は、パン屋をオープンさせるために必要な開業資金と運営資金についてご紹介します。

1.パン屋の開業資金について

開業資金を低く抑えることは大切ですが、切り詰めすぎるとパン屋の質や営業に支障をきたす恐れがあります。開業資金と収益性など経営のバランスを考慮し、必要な資金の調達に努めましょう。

1-1.パン屋を開業するのに必要な資金

パン屋として営業するには、最低でも20坪程度の広さが必要になります。
東京でパン屋を開業できる物件となると家賃は最低でも15万円程度は必要になると言われています。また、保証金として1年分の家賃、仲介費用として家賃1か月分、先渡し家賃が2か月分の合計で約225万円が必要でしょう。

内装や設備については、程良い居抜き物件を見つけることができれば100万円程で抑えることも可能ですが、全て新品で一から揃えるとなると最低600万円はかかります。
中古やリースを活用して節約をするにしても300万円は用意しておきたいところです。

原材料費と広告費、人件費とその他雑費は合計で100万円から200万円程度用意しておきましょう。スタッフを雇う人数や広告手法によっても金額は変わり、パソコンなどで手作りしたチラシを自身で配布すれば、広告費を1万円以下に抑えることも可能です。
原材料費に関しては商品の質に直結するためあまり節約することはできません。しかし、商品点数を絞って売れ残りが出ないようにすることでコストを調整することは可能です。

このように、開業資金は最低でも600万円が必要です。一等地に開業するとなれば更に費用はかかるでしょう。

1-2.運営資金の内容

運営資金は固定費用と変動費用に分けられます。
固定費用とは家賃や機器の減価償却費など、売上に関わらず支払わなければならない費用です。自宅でパン屋を開業する、または格安で物件を借りることができれば固定費を減らすことができ、経営は安定しやすいかもしれません。

変動費用とは毎月支払金額が変動する費用のことで、原材料費や水道光熱費の他に、人件費も変動費用に含まれます。例えば、パン作りに必要な小麦粉や卵、イーストなどは価格変動があるため、作るパンの量が増えればそれだけ材料費が高くつくことになります。

変動費用を抑えることが経営のスリム化につながりますが、急に原材料の価格が高騰することもあります。コスト調整を行うにあたっては、先の見極めが欠かせないでしょう。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu