低リスク・低資本で独立開業。開業しやすいリサイクルショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

不要になった品々の処分先としてリサイクルショップを利用する方が増えています。実は本や洋服、家具などを買い取るリサイクルショップは比較的低リスクで始められるのをご存じでしょうか?
ここではリサイクルショップの独立開業についてご紹介します。

1.リサイクルショップの独立開業について

リサイクルショップは一般の小売業に比べて粗利益率が高く、成功すれば収益性が高いことから、比較的開業しやすいと言われています。
リサイクルショップとして独立開業するまでにはどのような手順を踏まなければならないのでしょうか?今回は、それに伴って必要となるポイントや、どういう準備が必要かをご紹介します。

1-1.リサイクルショップの独立開業までの流れ

まず、リサイクルショップを開業する場合に必ず必要な資格があります。それは「古物商許可証」です。この資格が無いとリサイクルショップを開業することができません。

また、開業する際には、フランチャイズに加盟するか、個人で一から準備するかを選択します。フランチャイズの場合、契約内容や本部によって異なりますが、査定や料金の付け方、経営のノウハウ等の教育を受けることができ、未経験者であっても比較的容易に参入することができます。反対に、個人で一から開業する場合は、全ての準備、ノウハウが必要になります。買取手法や営業ノウハウが既に身についているのであれば、余計な支出が無いため、収益を多く確保できます。
また、どちらのタイプにも言えることですが、自分の店舗を出す前に地域のリサイクルショップを見て回り、自分の店舗をどのようにしたいかというイメージを明確にしておくことが大切です。

1-2.リサイクルショップを独立開業する際のポイント

いざ開業しても、顧客が増えないことには経営を続けられません。以前と比べてリサイクルショップを利用する人が増えているとは言え、やはり他のサービス業と同じで宣伝・広告が必要になります。まずはお客さんに店舗の存在を知って貰わなければなりません。
たとえば、近隣のリサイクルショップで買取相場を調査して、より高額な買取価格を設定したり、より豊富な品数を取り揃えることでサービスの優位性をアピールすると良いでしょう。
チラシやホームページなどを活用して情報を発信していくことは有効な手段の一つです。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する