ネイルサロンで独立開業するには?失敗しない開業方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ネイルサロンは小さなスペースで独立開業が可能です。
自宅やマンションの一室でサロンを開くことができるため、他の業種よりも比較的独立開業しやすいといえます。
しかし、たとえ小さなスペースで開業し、自分のペースで経営したいと思っていても、長く経営を続けていくためには経営のノウハウが欠かせません。とりわけ、売上を生み出す元となる集客が必要不可欠です。そのため、ネイル技術やお客さんのニーズなどの情報収集を頻繁に行いアピールするなど、集客するための努力が大切です。

1.ネイルサロンの独立開業について

1.ネイルサロンの独立開業について
ネイルサロンを開業するための資格は特にありません。
知識と経営のノウハウが備われば、誰でも独立開業することができます。
知識や技術がモノを言う業界ですので、それらが不十分のまま経営を始めることのないよう、ネイルサロンならではの独立事情を見てみましょう。

1-1.独立開業までの流れ

まずはネイルサロンの環境作りから始めます。
自宅の一室やリビングのスペースを改装してネイルサロンとしてオープンすることもできますし、マンションの一室を借りて開業することも可能です。

次に、メニュー作りです。
最近は、ネイルサービスでも定額制を取り入れている店舗も多いですし、他サロンのネイルオフ(ネイルを取ること)などもほとんどの店舗で実施しています。
他店舗が取り入れているメニューはできるだけ取り入れておくと良いでしょう。
ジェルネイル、スカルプチュア、マニキュアなどのネイルをするほかに、ハンドマッサージやまつ毛エクステもあると良いかもしれません。ただし、まつ毛エクステをサービスとして提供する場合には、美容師免許が必要となります。

環境とメニューが整ったら、次に集客方法を考えます。
独立した人の多くが、一度は集客方法で悩みます。
ネイルサロンは近年増え続けていますので、開業後ただお客さんが来るのを待っているだけでは十分な集客は難しいでしょう。
集客を増やすには店舗の存在をお客さんにアピールしなければなりません。

1-2.独立開業する際のポイント

皆さんがネイルサロンを探すとき、どのように探したかを思い出してみてください。
新聞などの広告チラシ、フライヤー、インターネットなどを見ませんでしたか?
自分のネイルサロンも同じようにアピールをする必要があります。
個人での独立開業の場合、広告費用もそれほどかけられないため、インターネットやフライヤーがおすすめです。
インターネットを使う際、店舗のホームページ開設だけではなく、SNS、ブログやネイルブックも利用するとより効果的でしょう。

ホームページは無料のテンプレートを利用するよりも、オリジナルデザインのものを用意したほうが良いでしょう。ネイルを綺麗にしたい女性がターゲットなので、テンプレートのようなデザインはイメージにそぐわないことが多く、集客効果が薄くなってしまう可能性があります。
フライヤーは店舗のイメージが湧くようなデザインで作成し、美容室やコスメショップなど、お客さんとなりそうな方が多く集まる場所に置かせてもらうようにしましょう。また、クーポンマガジンへの掲載も有効な手段です。
ある程度集客できれば「口コミ」も期待できるようになります。
また、経営者の集まる交流会やセミナーなどに参加するのもおすすめです。経営者で必要な要素のひとつは人との繋がりです。思わぬ人との繋がりから集客や情報収集ができるかもしれません。人脈をつくることは、経営者にとってとても重要なポイントとなります。

by ゼロから始めるコンビニフランチャイズ

最終更新日: 2018年1月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSで共有する

TOP
×
menu